キシリトールを上手に使い、むし歯予防☆

こんにちは!
スマイルクリエーターのゆうです☆

 

皆さんもご存知の通り、キシリトールはむし歯予防に効果的です!

 

その理由を皆さんはご存知ですか?

 

キシリトールは、天然の甘味料です。

ガムに使われているキシリトールは、白樺から抽出したものです。

 

その他にも、キシリトールは果物や野菜などにも含まれており、皆さんがよく口にする果物だとイチゴにも含まれています。

 

キシリトールは、むし歯予防に効果的ですが食べ過ぎるとお腹が緩くなる場合もあるので気を付けましょう☆

 

むし歯になる原因のミュータンス菌。

通称むし歯菌は、糖を食べると酸を生み出し、その酸が歯を溶かしてむし歯にしていきます。

 

でも、キシリトールをむし歯菌が食べると・・・酸を生みません。

なので、歯を溶かすどころかむしろ、むし歯菌を弱めてくれる天然の甘味料なのです(*^^*)

 

ただ、市販のキシリトールガムなどは100%ではありませんので気を付けてくださいね。

 

歯科専売のガム・タブレットは100%となるので『むし歯予防になります!』と言い切ることが出来ます(^^)/

 

 

新しい味が出ました!

オレンジ味です☆

他にも、クリアミント、アップルミント、マスカットと味があるので色々な味を楽しみながらむし歯予防出来ちゃいますよー!

 

 

カテゴリー: ホワイト歯科&ママ・キッズカフェ ハッピースマイル日記 | コメントする

食に興味がない子は・・・

こんにちは!
歯科衛生士ミッキーです☆

 

ずっとスペシャル予防プログラムを担当しているお子さんが6年生になり、永久歯列が生え揃い歯並びもばっちりOK!!

もちろんむし歯ゼロです。

 

背も高く、体つきは中学生のようです。

 

先日、来院時に

ミッキー
「永久歯むし歯ゼロで生え揃い歯並びもばっちりで本当に嬉しいです。
今のお子さんはむし歯ゼロでも歯並びがたいてい悪いですからね。」

と話すと、

 


「本当に良かったです。でも、本人は顎がかっちりしていること気にしていて・・・」

 

ミッキー
「今、小学6年生の中で○○くんは体がかっちりしているから余計にそう感じるんでしょうね。
好き嫌いなく何でもよく噛めますよね。」

 


「実は小学3年生頃まで食に興味がなく困っていました。
電車が大好きだったから、電車に乗せて電車の中で食べたりして食に興味を持つようにしていったところ食にも興味を持ち上手くいきました。」

 

ミッキー
「素晴らしいですね!たいてい食べないお子さんには食べない事にスポットを当ててしまいがちですが、お子さんの興味があることに関連付け食べるということをプラスのイメージにしていく…
お子さんのことをよく理解しての親の対応が本当に素晴らしいです。
そのことがちゃんと歯並びもよく、永久歯むし歯ゼロという結果に結びついています。」

 

ミッキーは思います。
むし歯ゼロを目指すという子育ての考え方が1本道になって、親の考え方がブレずに子を導いていくことができるのです。

 

実は、この「考え方」が大事であるということです。

 

どういう子育てしていこうかな?

 

むし歯ゼロを目指す子育ては、健やかな身体と口を手に入れることが出来る素晴らしい子育てです。

そのサポートをミッキーはこれからもさせていただきます。

 

 

カテゴリー: ホワイト歯科&ママ・キッズカフェ ハッピースマイル日記 | コメントする

let`s カイロプラクティック

こんにちは!
スマイルクリエーターのゆうです☆

 

皆さんはカイロプラクティックという言葉を聞いた事ありますか?

 

カイロプラクティックは、アメリカから来た手技療法なんですよ。

 

カイロ=手

プラクティック=技、技術

 

手を使って、体を整えていくのでカイロプラクティックと言います☆

 

私達、ハッピースマイルグループがなぜカイロプラクティックをオススメしているのか?というと。

 

歯並びや噛み合わせ、口腔育成と考えた時に体の歪みや姿勢の悪さが関係するからです。

 

  

 

上の写真は大人の方の歯の写真。

見てみると正中がズレています。私含め、ほとんどの方が正中が合っていない方、ズレてしまっている方が多いです。

 

正中は、上下の歯の真ん中の線を言います。
これがズレているか?ズレていないか?も良い歯並びの基準・条件となります。

 

正中がズレてしまう原因としては、体の歪みです。

 

なので、子どものうちから体の歪みをメンテナンス・ケアするは将来の歯並びや口腔育成を考えた時に大事になってきます。

 

 

また、今の時点で体に症状は出ていなくても・・・

 

将来、頭痛・肩こり・腰痛・膝痛・生理痛などの症状を引き起こす可能性もあります。

 

 

今の体の状態は、未来に繋がっているんですよ☆

 

なので、子どものうちから、大人の方も今のうちから体をメンテナンス・ケアしておくことをオススメしています(*^^*)

 

 

私達はカイロプラクティックを応援しています!

また、カイロプラクティックの先生方と手を組んで「カイロプラクティック ミシオネールサンテ」を始めました。

 

食育発信基地ママ・キッズカフェで施術が定期的に受けられますよ!!

 

気になる方は、ぜひチラシをチェックしてください。

 

ご予約も下記のURLより出来ますよ(*’ω’*)

https://apo-toolbox.stransa.co.jp/user/web/102/reservations/

カテゴリー: ホワイト歯科&ママ・キッズカフェ ハッピースマイル日記 | コメントする

お口ポカンとしていないですか?

こんにちは!
スマイルクリエーターのゆうです☆

 

私が担当している【お口ポカン改善トレーニング】のお口ポカンは体のサインでもあります。

体の歪みや姿勢の悪さからサインとして現れたり…

口周りの筋肉の低下や未発達から現れたり…

 

お口ポカンとなると口呼吸を併発しやすいので、体にとっても良くありません。

 

 

口呼吸の場合、風邪を引きやすかったり、あとイライラしやすいというのも特徴です。

お口の中も乾きやすいので口臭の原因や口内炎がなりやすいなども特徴で挙げられます。

 

鼻呼吸を心掛けるだけで、自律神経を整えてくれて体の免疫機能もアップします。

 

鼻呼吸だと呼吸が腹式呼吸になり、しっかりと横隔膜を使っての呼吸となるので代謝もアップするんですよ(*^^*)

 

 

良いことづくめの鼻呼吸。

 

口呼吸をしているお子さん、ママ・パパがいたら、ぜひ私が担当している【お口ポカンカウンセリング】でお話聞きにいらしてくださいね☆

 

 

ホワイト歯科クリニック内にあるスマイルサロンでお話していますよー!

カテゴリー: ホワイト歯科&ママ・キッズカフェ ハッピースマイル日記 | コメントする

Let`s あいうべ体操!ゆびのば®体操!

こんにちは!
スマイルクリエーターのゆうです☆

 

先週の土曜日は皆さん、世界一受けたい授業観ましたか?

私は、録画もしてばっちりリアルタイムでテレビも観ましたよ(*’ω’*)

 

 

今井一彰先生は、ゆびのば®体操の「足育」でも有名ですが、あいうべ体操の「息育」でも有名です☆

 

今井一彰先生は、歯科の先生ではありません。
内科、アレルギー科、リウマチ科の先生です!

 

今井先生は、漢方療法などもして考え辿り着いたのが「人間本来持っている機能を最大限に生かす」という考えです。

 

足の指をしっかり伸ばすというのも本来の足の姿

口呼吸から鼻呼吸にするというのも本来の呼吸方法

 

 

間違ったやり方や間違った体の使い方で、病気や不調を引き起こすというのを今井先生は伝えています。

 

なので、今井先生は「病気が治った!」という表現ではなく「元の正常の体に戻った」と患者さんにもお伝えしているそうです☆

 

正しく体を使う!を意識して毎日を過ごしたいですね(*^^*)

 

ちなみに私が担当している『お口ポカン』も間違った体の使い方で引き起こされているんですよ。

 

写真は、実際にトレーニングに来ていた男の子。

お口が半開きで、力なくポカンと開いてしまっていますね。

お口が開いていると、口呼吸になりやすく歯並びを悪くしたり、むし歯のリスクを高めてしまうのです。

 

あいうべ体操、正しい噛み方を10日間してもらった変化は・・・

お口をしっかり閉じることで、お顔の印象も違いますね!!

口元は、お顔の印象までも変えてしまうんですよ。

 

 

ぜひ、あいうべ体操、ゆびのば®体操を毎日の習慣に☆

 

私もしていますよ(*^^*)

カテゴリー: ホワイト歯科&ママ・キッズカフェ ハッピースマイル日記 | コメントする

日本人なら白米♪

こんにちは!
スマイルクリエーターのゆうです☆

 

私は、白米が大好きです(*’ω’*)

 

今、日本人は欧米化が進み「小麦粉」を口にする機会が増えてきました。

パン、ピザ、麺類、ケーキなど。

 

日本人は農耕民族なので、白米、大豆、お魚など昔ながらの和食が体に合っていると言われています。

日本人の腸内の酵素も、それに合っていると栄養士から聞きました(*^^*)

 

今の日本では、小麦粉文化が強くなってきていますが・・・

 

世界では反対の動きになっています。

和食が健康食と注目を浴びて、2009年ユネスコ無形文化遺産にも登録がされました。

もう、登録されてから8年経つんですね!

 

和食:日本人の伝統的な食文化と記されています。

 

日本人として、私は『和食』を大事にしたいなって思うのです(*^^*)

 

食育発信基地ママ・キッズカフェでも、和食を基本とし昔ながらの一汁三菜メニューを提供しています。

 

もちろん離乳食から、白米とお味噌汁を付けての提供です。

 

  

 

写真は、実際にカフェで提供している離乳食です。

 

離乳食は、ドロドロ・ペーストをイメージしますが・・・それは違います。
また、細かく刻むのも違います。

 

手づかみしやすい大きさに野菜を切って、歯ぐきですり潰せる硬さまで出汁でじっくり煮るのです。

 

素材本来の美味しさを大事にしている離乳食。

出汁と白米を大事にしている離乳食。

 

和食を大事にしている離乳食が、もっともっと世の中に広まって欲しいと思います(*^^*)

カテゴリー: ホワイト歯科&ママ・キッズカフェ ハッピースマイル日記 | コメントする

乳幼児の時からお口を閉じるトレーニング☆

こんにちは!
スマイルクリエーターのゆうです☆

 

2歳の子でも、ピロピロ笛出来ましたよー(*^^*)

 

夏くらいに遊びに来ていたNちゃん。
2歳4か月の女の子。

 

遊び感覚で「お口のトレーニングだ!」と言って、2歳の子が出来るのかどうか試してみました。

 

 

最初は、空気がもれてしまい出来ませんでしたが何度がやるうちにしっかりと口が閉じて出来るように。

 

乳幼児期は、遊びながら口周りのトレーニングを促してあげるといいですね(^^♪

 

あと、他にはシャボン玉や風船を膨らます。

ビーチボールなどでもいいと思います♪

カテゴリー: ホワイト歯科&ママ・キッズカフェ ハッピースマイル日記 | コメントする

声が・・・

こんにちは!
スマイルクリエーターのゆうです☆

 

水曜日辺りから声が変になりました。

先週の木・金辺りから「ちょっと喉、痛いかも・・・」と思って予防はしていたけれど。

 

 

ガラガラ声で、まるで昔のドラえもんのよう☆

 

昔からとってもとっても大好きだったドラえもん。
私は、大山のぶ代さんの声のドラえもんが好きでした♪

 

誰でも必ず一度は、「ドラえもんがいてくれたらいいな~」って思ったことがあるはず(*^^*)

 

 

今、自分のガラガラ声での笑い声がドラえもんが笑っている声と似ているなとふと思い・・・(笑)

 

 

ちょっとブログを書いてみました(*’ω’*)

 

肌寒い日が続いて、冬に近づいてきましたね。
皆さんも風邪には気を付けてくださいね☆

 

※ドラえもん、ネットより拝借しました

カテゴリー: ホワイト歯科&ママ・キッズカフェ ハッピースマイル日記 | コメントする

ゆびのば®体操、ぜひオススメ!

こんにちは!
スマイルクリエーターのゆうです☆

タイトルの【ゆびのば®体操】って知っていますか?

 

実は、私とスタッフの安齋が【ゆびのば®体操】のインストラクターの認定を受けています(*^^*)

 

私が担当している【お口ポカントレーニングコース】では、足指の体操やゆびのば®体操を取り入れて子ども達に教えています。

 

お口ポカンになってしまう原因としては・・・

お口周りの筋肉や舌の筋肉なども関係ありますが、体の歪みや猫背、悪い姿勢からもお口ポカンに繋がります。

 

姿勢を作るには、まずは【足】を育てることが大切です。

 

足は、唯一地面に接地している場所。

 

なので、足はとっても大事なんですよ。

足は【第二の心臓】と別名、言われているんですよ☆

 

 

子ども達の足を見ていて思うこと・・・

足指の動かないこと!!!!(笑)

足指がしっかり動かないと地面を掴む、しっかり歩くなどが出来ません。

 

私達がオススメしている足指の体操

ゆびのば®体操が今度、テレビに登場しますよ!!

 

10月27日(土) pm8:00~9:00

『世界一受けたい授業』で、ゆびのば®体操を考案した今井一彰先生も登場します☆

 

 

今井一彰先生は、あいうべ体操を考案した先生でもあります(*^^*)

カテゴリー: ホワイト歯科&ママ・キッズカフェ ハッピースマイル日記 | コメントする

お子さんの口元、開いていませんか?

こんにちは!
スマイルクリエーターのゆうです☆

これからの時期、気を付けたいのが風邪やインフルエンザなどの病気ですね。

 

風邪、インフルエンザになりやすい人の特徴として・・・

 

お口が開いている

 

が挙げられます。

いわゆる口がポカンと開いてしまっていて口呼吸になっているのです。

 

口呼吸をしていると、空気中の目には見えないホコリやばい菌・ウイルスをそのまま吸い込んで体に入れてしまいます。

 

鼻呼吸だと、鼻毛があり、鼻腔を通って体に入っていくので、その過程で除去・加湿されてキレイな空気となります。

 

鼻は、天然の加湿付き空気清浄機と言われているんですよ(^^)

 

鼻呼吸が良いのか?

口呼吸が良いのか?

 

体に付いている機能を考えると、鼻呼吸が良いですよね☆

 

また、口呼吸をしていると歯並びが悪くなります。

一例として写真を比較してみてください。

 

小学1年生の時
お口が常に半開き、お口ポカンの状態でした。

下の歯は、4本抜けて2本生え変わっていますね。
こうやって見ると乳歯の時にすき間がありません。

 

 

 

2年後の小学3年生の時の歯並び
前歯がガタガタになっています。
また、口呼吸が直らないので唇もカサカサと乾燥しています。

 

唇も歯のカバーになるので、口が開いていると歯並びがガタガタになる可能性は高くなります。

 

また、口が開いていると前歯に汚れが付きやすくなったり、口の中が乾燥しやすいのでむし歯のリスクも上がったりします。

 

 

口呼吸はデメリットが多く、全ての人に気を付けて欲しい悪習慣となります。

 

ぜひ、口呼吸をしていないか?

ご家族の方、お友達、自分自身をチェックしてみてくださいね(*’ω’*)

 

 

口呼吸を気を付けていても、口呼吸になってしまうのは・・・

口周りの筋肉の低下、衰えや体の歪みなどが関係しているかもしれません。

 

 

ホワイト歯科クリニックにあるコース、お口ポカンカウンセリングでは

なぜ、口呼吸になってしまうのか?

どのように体と呼吸が関係しているのか?

 

分かりやすくお伝えしていますよ(^^)

カテゴリー: ホワイト歯科&ママ・キッズカフェ ハッピースマイル日記 | コメントする