月別アーカイブ: 6月 2012

ママの笑顔

先日 リップエステを受けに来院された患者さんが、フッ素予防コース受診の小児患者さんのママさんだったので、思わず「プルルンリップになりましたね」と受付のところでお声をかけた。

するとすごく素敵な笑顔で「あ、ミッキー先生。こんばんは。この間保育園の検診ではじめて清掃状態が丸となっていました。すごく嬉しかったです。ありがとうございました。」
・・・と逆に嬉しいお言葉をいただきました。

このお子さんは虫歯ゼロを目指しずっとフッ素コースに通っていただいているのですが、
最近までお口を開けるのも嫌がっていましたが、少しずつではありますが、上手にお口を開けてくれるようになりました。今はミッキーが歯ブラシでお口の中に手を入れてブラッシングができるようになりました。

幼児さんは少しずつではありますが、本当に成長します。
フッ素予防コースではこんな小さな成長を大切にしながら関わっています。

ママさんと「これができるようになったね」と話したり、泣いて玄関で入るを嫌がった思い出を話したりします。こんな会話でママさんと小さな成長を喜んでいます。

お子さんたちの成長のお手伝いができることは歯科衛生士にとってとてもやりがいがあり、楽しいです。ミッキーはこれからも歯科医院で、歯科衛生士として子育てのサポートをさせていただきますね。
ママさん、一緒に虫歯ゼロを目指しましょうね。

カテゴリー: ホワイト歯科&ママ・キッズカフェ ハッピースマイル日記 | コメントする

ルンルン 男性からお花いただきました

今日は良い日でした。
実は男性患者さんよりお花をいただきました。・・・と言っても4歳児の男の子です。

その子はフッ素コースで通っている子で、私の担当患者さんです。
上手に専門用語で研磨と言う機械を使っての歯のクリーニングもやらせてくれます。
その後、フッ素の塗布で終了のコースですが、約30分一人で診療台に座って
やらせてくれます。

1つ下のもうすぐ3歳の弟も同じコースをやっているのですが、なんと今日はじめて
一人で診療台に座るこことができました。
2歳児で一人で診療台に座ることは、子どもにとってかなりハードルが高いことです。

ママさんと顔を見合わせ驚きました。

弟が終わるとお兄ちゃんが心配そうに予防の部屋に入ってきました。
フッ素コースが終わるとご褒美でガチャガチャができるのですが、お兄ちゃんは
弟をガチャガチャのところに自慢気に案内し、ガチャガチャのお手伝い。

ガチャガチャの後、ミッキーは子どもの手をつないで院長のところに行き
子どもに「終わったよ」と院長に言ってもらいます。
この時の声がなんともかわいく、大好きな瞬間です。

ひと時でも、お母さんから離れ、お子さんと二人の時間を作る。
これはミッキーとお子さんとの信頼関係を築く上でとても大切なことであり、
お母さんがいなくいても歯医者さんは大丈夫なんだよ・・・とミッキーが子どもたちに
伝えているメッセージです。

お兄ちゃんは弟の手を引いて、「終わったよ」と院長に報告していました。
院長の顔は笑顔でいっぱいでした。

6月は恒例のクイズ大会があるので、終わった後待合室でクイズを
行いました。
「また9月に会おうね・・・」と約束をして診療室に戻ると
なぜか、受付のスタッフに呼ばれました。

???マークで待合室に行ってみると、「あげる」と小さな花をミッキーに差し出し
ました。
「えー ミッキーにくれるの?」
「うん」

もう 感動です。今までプレゼントされたどんな大きな花束よりも嬉しいお花でした。
早速 予防室にお花を飾りました。

なんか今日は良い1日だったな。
だから歯科衛生士の現場や辞められないよ。

お花

世界一素敵なお花

カテゴリー: ホワイト歯科&ママ・キッズカフェ ハッピースマイル日記 | コメントする

だじゃれの天才参上

ミッキーの担当小児患者にだじゃれの天才がいる。
いつもおもしろいだじゃれ連発で、このお子さんが来院すると診療中ミッキーはお腹が痛くなるほど笑う。

先日 来院時にその子にミッキーは
「この次来る時に歯医者さんバージョンのだじゃれ考えてきてね」
とお題を出した。

つい先だってのことである。その子が来院すると
「ねえ、ミッキー いつやるの?」
ミッキーは何のことはさっぱりわからず
「何が?」
その子は「ほら ミッキーが歯医者さんのだじゃれ考えてきてって言ったじゃん」
そうだった・・・忘れていたミッキーでした。

「そうだったね。それじゃー スーパークリーニングが終わってから教えてよ」
と約束をした。
スーパークリーニングが終わった瞬間、診療台からぬくっと起きて
「じゃあ言うよ。歯医者は意志が強い」
なかなかやるなーとミッキーは思った。
すぐにその子が「もう一つあるんだよ。歯科医の司会」
もー、上手すぎると思いませんか?

こんな風に子どもたちとミッキーは予防の時間を楽しんでいます。
ある子はだじゃれ、ある子はなぞなぞ、ある子はヨーヨーの披露・・・・とみんな
ミッキーのこと友達だと思っているのかな?

ミッキーも友達のように接するよう心がけています。
だって歯医者さんは楽しいところって言ってもらいたいもんね。

 

カテゴリー: ホワイト歯科&ママ・キッズカフェ ハッピースマイル日記 | コメントする