月別アーカイブ: 11月 2015

さいたま市検診

こんにちは!
スマイルクリエーターのゆうです。

 

さいたま市検診は忘れずに行きましょうね(^^)

1歳6ヶ月検診で、生まれて初めて歯医者さんに行く子が大半です。
泣く子もいれば、全く平気な子、きょとんとしている子など本当に様々なお子さんがいらっしゃいます☆

 

赤ちゃんは、生まれた時の本能として甘みは安心して食べられるとインプットされて生まれてくるといいます。
なので、母乳がほのかに甘いと感じるのはこのようなことも関係しているそうですよ。だから、甘いものは気を付けないと赤ちゃん達はすぐに味を覚えます。

 

 

逆に、酸っぱいもの、苦いものなどは赤ちゃんは「危険な味」と察知したり感じたりして苦手な味と言います。

 

なので、フッ素は赤ちゃんにとって苦手な味なのです。
だから、ほとんどの子は泣くし、たまにフッ素を塗った後にベッと吐いちゃう子も。
でも、これは普通の反応なのでフッ素を塗る際には、ママ達には「大丈夫ですよ」と必ず声を掛けたり説明をしたりしています。

フッ素を塗ると歯が強くなるといいますね!
フッ素は、歯質を強化してくれる働きがあります。
乳歯は永久歯に比べて元々の歯質が弱いとされているのでフッ素を塗る事で歯質が強化されるので「むし歯予防にフッ素は有効」と言われているのです。

 

では、なぜフッ素がむし歯予防に有効になるのか??
むし歯は、むし歯菌が糖を食べて生む酸で歯を溶かしていきます。
なので、歯質が強い・硬いと酸で歯が溶けにくくなるので有効とされています。

 

でも、フッ素を塗っているから大丈夫と言ってジュース・お菓子をたくさん摂っている子&母乳・ミルクを1歳6ヶ月過ぎても上げている子は、フッ素でもむし歯は防げず・・・
歯の表面が溶けている子、むし歯になってしまっている子など見かけます。

 

なので、フッ素を塗っているからと言って食がめちゃめちゃだと・・・
むし歯予防の意味がありません。

 

 

たまに、フッ素神話の方
「フッ素塗っているから、この子はむし歯にならない」と言う方もいらっしゃいますが、それは違います。

 

 

なので、ホワイト歯科クリニックでは必ずフッ素塗布する方にも「食育指導」も一緒にしています。
乳幼児期、学童期のお子さんは成長をしています。
口から入って食べている物が、お子さん達の血や肉となり体を作っています。

 

なので、こう考えると「食べるもの」って大事だなって思いませんか?(^^)

 

 

 

最近、ホワイト歯科クリニックにさいたま市検診で来院されたママ達の声をご紹介します☆

 

 

 

 

 

 

 
今回、初めて歯医者さんに連れてきたのですが、予想通りの大泣き。
でも、先生も衛生士さんも優しく接してくれたので、とても安心しました。

ありがとうございました。
説明もとても分かりやすかったです。

お子さまの月齢 1歳7ヶ月
しゅんママ

 

 

 

 

 

 



おやつのこと、歯の生え方のことなど気になっていたことが聞けて良かったです。

普段、あまり口を開けてくれないので心配でしたが・・・
先生方の優しい雰囲気に口を開けることができたようで安心しました。

 

お子さまの月齢  1歳8ヶ月
A・O

 

 

 

 

 

 

問診も質問に対しても丁寧に説明して頂き、安心感がありました。

大抵抗の息子でも笑顔で診察してもらえて良かったです。
初めての検診は不安でしたが、これからも通ってきたいと思えました!
(待合室がとっても可愛いのも楽しい気分になりました。)

お子さまの月齢  1歳6ヶ月
清水 美穂

カテゴリー: ホワイト歯科&ママ・キッズカフェ ハッピースマイル日記 | コメントする

トールペインティング

こんにちは!
歯科衛生士ミッキーです。

 

数年ぶりに来院いただいた患者さんより、嬉しい感動をいただきました♡

 

その方は、50代の女性です。

ホワイト歯科クリニックを開院する以前、私たちは千葉県四街道という所に住んでいました。

その当時、トールペインティングが流行していて、ミッキーもトールペインティングを習っていました。

 

宮原に引っ越してきても、しばらくトールペインティングは続けていました。

その方と、何の話からトールペインティングの話になったのか?
覚えていませんが、その方もくまちゃんが大好きでミッキーもくまちゃんが好きなので、
くまちゃんをトールペインティングで描いて欲しい・・・と頼まれました。

 

それで、ミッキーは髪の毛を留めるバレッタにくまちゃんを描いて差し上げたのです。

 

 

先日、その方が
「今でも、これ使っていますよ」と、ミッキーが描いたバレッタをつけて来院してくださいました♡

 

かれこれ15年前にミッキーが描いたくまちゃんでした。
なんか恥ずかしいけど、今まで大切に使って頂いていたんだと感動しました♡

しばらく来院しなかった患者さんでしたが、ホワイト歯科クリニックの事は忘れないでいてくださったのだと思います。

 

そんな1人1人との繋がりを、これからも大切にしていきたいです♡

 

 

 

☆トールペインティングとは?☆
木、ブリキ、ガラス、陶器、布などあらゆる素材に絵を描くことを総称して“トールペイント”または “トールペインティング”と日本では呼んでいます。

 

 

イメージとしてネットより拝借。

カテゴリー: ホワイト歯科&ママ・キッズカフェ ハッピースマイル日記 | コメントする

第4回 歯っぴースマイルツアー

こんにちは!
スマイルクリエーターのゆうです(^^)

先日、ジャンピング会員様をご招待しての「バスツアー」に行ってきました♪

 

ジャンピング会員様とは?
ハッピースマイルグループに、来院・来店されている方の中で
自費の予防メニュー(スペシャルコース)を受けている方
スマイルサロンフェアリーローズの回数券を購入されている方
が対象となっています。

 

HPにも、会員様限定のページがありパスワードを入力しないと
見れない秘密のページがあります♡

 

こちらの会員様限定のバスツアーが『歯っぴースマイルツアー』です。

 

私がリーダーとなり、半年以上前から旅行会社と打ち合わせをしたり
スタッフ全員で準備を進めていくツアーとなっています(^^)

 
第4回歯っぴースマイルツアーの行先は「群馬!」

 

近いけど・・・なかなか行けなかった世界遺産の富岡製糸場&こんにゃくパークへ(^^)
事前に旅行会社より「混んでいる」と聞いていたけど・・・
想像以上の混みようでした(^_^;)

天気も雨だったので、余計に混んでしまったのかな??

ご参加者の皆さん、お時間の変更、変更でバタバタとしてしまいましたが・・・
楽しんでいただけたでしょうか??

とても心配でしたが・・・
ツアーの後、来院・来店していただいたご参加者様から
「混んでいたけど、楽しかった」
「なかなか行けなかったから行けて良かった」などなど

 

嬉しいお言葉をいただきました♡
皆様、ありがとうございます(^^)
今回のバスツアーも事故や怪我なく、無事に終わりホッとしています。

 
今回のツアーもハッピースマイルで、たくさんの笑顔が見れて良かったです(^^)


 

 

 

 

 

イベントアルバムでも報告していますので、ぜひご覧ください♪

カテゴリー: ホワイト歯科&ママ・キッズカフェ ハッピースマイル日記 | コメントする

さいたま市 3歳検診

こんにちは。
ママキッズカフェ専属栄養士の和代ママです。

 

今日はちょっと3歳児歯科検診についてお話したいと思います。

3歳児歯科検診の対象は、3歳を迎えてから4歳未満のお子さんです。

そして『そろそろ受診してくださいね』というお知らせが、211か月頃にさいたま市より郵送で通知されます。

さいたま市は個人で歯科医院にいって検診しなければいけないそうです。

 

カフェにも3歳児さんはたくさんご来店されます。

そこで、歯科健診ではどんなことをやるのか私もよくわからなかったので、歯科衛生士さんに聞いてみました。


 


3歳児歯科検診ではお子さんは1人で座ってなるべく行うそうです。

なかにはママと離れて泣いてしまう子も多いそうですが、なだめながら1人で頑張ってもらうそうですよ。

 

 

これには母子分離といってお子さんの自立を促す意味もあるとのこと。

でもママにとってはちょっと心配かもですね。
 

 

さて、内容はというと、フッ素塗布はこの時期はこの検診にはないそうで、

 

お口の中をチェックし、ママを中に通してからお口の中の現状や事前にお持ちいただいた問診票を元に歯みがきのこと、食事やおやつのことなどを確認していくそうです。

 

 

 

 
大体は1歳半に来ている子も多いので、その当時と現状の違いもお話してくれるようです。

 

 

 

話を聞いていて衛生士さんが言っていたのは、イヤイヤ期も過ぎて仕上げ磨きも少しママが楽になってきてホッとした一方、ケアは頑張っていても、おやつや飲み物、偏食などについて注意点が1歳半に比べると目立ってくる傾向があるそうです。

 

いわゆる乳幼児期の食生活の変化ですね。

おやつの幅が広がることで、ダラダラ食べや今までよりも甘いものの摂取が多くなっているとのことでした。

 

ママキッズカフェでもみなさんにお伝えしていますが、乳幼児期の適切でないおやつ(おかし、ジュース、菓子パンなどなど)は必ず食事に響いてきます。
それが偏食を引き起こすことに繋がっているのは私達も日々お子さんたちをみて、ママたちの話を聞いて実感しています。

 

偏食のお子さんはしっかりと奥歯で噛んで食べることが出来ません。

食べやすいものばかり食べている傾向にあるからです。

「咀嚼」、カフェでは「噛む力」といっていますが、それが育たないお子さんは

お口の中の環境が悪くなり、むし歯になるリスクがあがるということです。

 

よく噛むと顎が成長するとか、唾液がよく出るとかどこかで耳にしたことはあるのではないでしょうか?

噛まない子は顎が成長しないので歯並びが悪くなって、歯並びの悪いところからむし歯になりやすくなるそうです。

また、唾液がよく出ないとお口の中はむし歯菌が増える環境になるそうです。

 

今回3歳児検診のことをきっかけに、改めて知ったことや再確認することが私もできました。

カフェでもこれからもお口の健康面に関してさらに皆様に伝えられたらと思います。

 

改めて食とお口の健康、むし歯予防は繫がっているんだなぁと思いました。

そろそろ対象年齢のお子さんがいましたら是非、3歳児歯科健診に足を運んでみてくださいね。

そしてママキッズカフェで「噛む」ことを体験していって下さい!

 

 

カテゴリー: ホワイト歯科&ママ・キッズカフェ ハッピースマイル日記 | コメントする

さいたま市 1歳6ヶ月検診 ☆2回目☆

こんにちは!
スマイルクリエーターのゆうです。

 

今日は、さいたま市の歯科検診
1歳6ヶ月検診の2回目の事をお話します(^^)

 

1歳6ヶ月検診は、2回あるんですよ。
なので、お忘れなく~☆

 

では、2回目の持ち物

☆市から届いているピンク色の用紙(A4の半分くらいの大きさ)

☆保険証(1回目同様、年齢を確認します)

☆母子手帳

 

 

1歳6ヶ月検診の対象年齢

☆2歳6ヶ月になる前まで

 

また、さいたま市は各医療機関に委託をされているので受診する歯科医院には事前にご予約下さいね。

 

1、ホワイト歯科に来院
1回目の時に、ホワイト歯科クリニックに来たお子さんは
☆ピンク色の用紙(この用紙を忘れてしまうと受けられません)
☆保険証
☆母子手帳

そこに、
☆診察券
を受付に提出します。

 

 

初めてのお子さんは最初、検診に必要な物を受付に提出。
☆ピンク色の用紙(この用紙を忘れてしまうと受けられません)
☆保険証
☆母子手帳
問診票を記入してもらいます。

ホワイト歯科の問診票

 


 

 

2、「〇〇ちゃん」「〇〇くん」を呼ばれて診療室へ

1回目同様、ママと一緒に椅子に座ります。

まず、歯科衛生士がお口の中の歯の本数などをチェックしていきます。

 

 

 

3、フッ素塗布(希望者)

1回目の時と同様に希望者はフッ素塗布をします。

泣く子もいれば、きょとんとしている子と様々です(^^)

 

 

 

4、歯科衛生士より指導

1回目の時と同様に、歯科衛生士よりおやつの事、飲み物の事をお話していきます。

 

 

 

5、最後に院長先生がチェック


実際に先生もお口の中を診てから、お話をします。

 

 

 

6、窓口会計

 

1回目の時と同様に、フッ素塗布した子は200円

フッ素塗布しなかった子は0円

 

 

これで、1歳6ヶ月検診の2回目が終わりです。
で、この時にお話をさせていただくのは・・・
さいたま市の検診でフッ素塗布を市が負担してくれるのは、1歳6ヶ月検診の2回目まで。

 

この次のさいたま市3歳児検診の時は、フッ素塗布がついていません。

 

なので、ホワイト歯科クリニックでは2回目の検診以降もフッ素塗布していきたいというお子さんにはちゃんと「フッ素予防コース」をご用意しています。

 

☆コチラのページにフッ素予防コースの内容が載っています☆
↓ ↓ ↓
http://www.white-happy.com/clinic/special.html

 

 

さいたま市の1歳6ヶ月検診、ぜひ受けましょうね(^^)

 

 

カテゴリー: ホワイト歯科&ママ・キッズカフェ ハッピースマイル日記 | コメントする

さいたま市 1歳6ヶ月検診  ☆1回目☆

こんにちは!
歯科衛生士ミッキーです。

今日は、さいたま市の歯科検診
【1歳6ヶ月 1回目】の流れを説明します。

 

さいたま市のお子さん達は生まれてから、歯医者さんに初めて来院するというのが
『1歳6ヶ月検診』が一番多いです。

 

 

不安のママも多いと思うので分かりやすく受診の流れを紹介しますね(^^)

まず、さいたま市は各医療機関に委託する仕組みになっていますので受診する歯科医院に予約をします。

 

検診時の持ち物

☆市から届いたピンク色の用紙(1歳6ヶ月検診)

☆保険証(年齢を確認します)

☆母子手帳

 

検診の受講対象の年齢

☆1歳6ヶ月を過ぎてから2歳の前日まで

 

 

1、ホワイト歯科に来院

問診票を記入

 

 

 

 

2、「〇〇くん、〇〇ちゃん」と呼ばれママと一緒に診療室

☆「はーい」と元気よく手を挙げるお子さん
☆逃げ回るお子さん
☆泣き出すお子さん    etc...

反応は様々です。

 

3、診療台にママ(パパ)に抱っこされて座ります

1歳6ヶ月検診では、1人では座れないのが当たり前の事です。
時にはパパに抱っこされ受診されるお子さんもいますよ☆

 

 

 

4、歯科衛生士が何か困っていることはないか?問診します

ピンク色の紙の記入項目を元に、食生活・口腔衛生指導をさせていただいています。

 

ホワイト歯科クリニックだからこその食育のお話もします。

 

 

5、お口の観察
・歯は何本あるかな?

・お口の清掃状況はどうかな?

・むし歯はないかな?

など、お口の中を診ます。

1歳6ヶ月検診では、ほぼむし歯の発症はありません。
しかし、歯が溶け始めている&お口の中がねちょねちょで要注意なお子さんも・・・

 

6、フッ素塗布 (希望者)

歯科医院専用のフッ素を塗布します。
この時、大抵のお子さんは大泣きします。

なぜか?
それは、フッ素には「酸味」があり、まだ味覚を獲得していない1歳児にとっては「酸味」は危険な味と認識し泣くのです。
ですから、この反応は1歳児にとって正しい反応です。

 

7、院長先生が最後お口の中をチェック

必ず、院長先生がチェックします。
 

 

 

実際にお口の中を診て、直接お話をします。

これで、診療室での診察は終わりです☆

 

 

 

 
8、お会計

窓口負担

フッ素塗布した方  200円

フッ素塗布しない方   0円

 

さいたま市の1歳6ヶ月検診では、窓口負担200円です。
それ以外の費用は、さいたま市が負担をしてくれます。

 

1歳6ヶ月検診は、2回あります。
なので、2回目のご予約を忘れないようにお会計時にご予約もお取りしています。

1歳6ヶ月検診は、歯が生え始めてきてから赤ちゃんにとって初めての大事な検診です。
ぜひ、受診しましょう(^^)

カテゴリー: ホワイト歯科&ママ・キッズカフェ ハッピースマイル日記 | コメントする