応援団長

小学校6年生の女の子のお話です。この子はずっと小さい頃からケアにホワイト歯科に通っていただいており、もちろんお父様も、お母様もケアに通っていただいています。
小さい頃より、色々なことに興味があり、才能があるお子さんで、川柳に投稿し選ばれたり、美術展に出展したり、来院する度に今度はどんなお話が聞けるのか、私は楽しみにしていました。

前回 ケアで来院された時にお母様が運動会で応援団長をやることになったと教えてくださいました。
実はこの応援団長は小学校1年生の時から憧れで、その念願が叶ったということでした。

応援団長になるためには、まずはクラス推薦があり 学年で選ばれないと絶対になれないハードルの高さです。

応援団長

朝日小学生新聞記事

お母様は「応援団長になりたければ、声も大きくないといけなし、日頃からクラスのみんなの信頼をつかめないと選ばれないよ」と常に声をかけていたそうです。
この教育凄いですよね。目標を達成するために、お子さん自身の頭で考え行動させる・・・まさにコーチングです。
つい大人は子どもたちに、ああしろ こうしろと方法を教えてしまいがちです。しかしこれではおそらく長いスパンの目標は達成できません。だって6年間ですよ。

実はこの話には続きがあります。当日はお父様の学らんを着て応援をしたそうです。
おばあちゃまがお父様の高校生の時の学らんを大切に保管してあったということでした。
娘さんなので、学らんを着るのは最初で最後かもしれませんが、お子さんもおばあちゃまもお父様もとても嬉しかったことでしょう。

私は感動し、涙が出そうになりました。

カテゴリー: ホワイト歯科&ママ・キッズカフェ ハッピースマイル日記 パーマリンク

応援団長 への2件のフィードバック

  1. ジャビット~首位奪回 のコメント:

     ブログに載せてもらいありがとうございました。
     朝日小学生新聞のレポーターとして最近やった仕事は「ダビンチ展」の取材でした。「モナリザ25の秘密を解く」というテーマで国学院大学の先生から話を聞きました。かなり難しかったです。朝日新聞社の人は「大人でも難しい」と言っていました。モナリザや最後の晩餐などの拡大した絵もあり迫力があります。展覧会は2月20日まで日比谷公園でやっています。カフェもありゆっくりできます。

    • 歯科衛生士ミッキー のコメント:

      コメントありがとうございました。レオナルド・ダ・ヴィンチのTVを先日 ミッキーも見ましたが、凄い方ですよね。
      レオナルド・ダ・ヴィンチは絵だけでなく、多方面で才能がありまさに天才ですね。
      色々なことを観察し、興味を持つ 素敵なことです。
      これからも新聞レポーターとして、色々な角度から物を見て、またお話聞かせてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です