乳幼児の時からお口を閉じるトレーニング☆

こんにちは!
スマイルクリエーターのゆうです☆

 

2歳の子でも、ピロピロ笛出来ましたよー(*^^*)

 

夏くらいに遊びに来ていたNちゃん。
2歳4か月の女の子。

 

遊び感覚で「お口のトレーニングだ!」と言って、2歳の子が出来るのかどうか試してみました。

 

 

最初は、空気がもれてしまい出来ませんでしたが何度がやるうちにしっかりと口が閉じて出来るように。

 

乳幼児期は、遊びながら口周りのトレーニングを促してあげるといいですね(^^♪

 

あと、他にはシャボン玉や風船を膨らます。

ビーチボールなどでもいいと思います♪

カテゴリー: ホワイト歯科&ママ・キッズカフェ ハッピースマイル日記 | コメントする

声が・・・

こんにちは!
スマイルクリエーターのゆうです☆

 

水曜日辺りから声が変になりました。

先週の木・金辺りから「ちょっと喉、痛いかも・・・」と思って予防はしていたけれど。

 

 

ガラガラ声で、まるで昔のドラえもんのよう☆

 

昔からとってもとっても大好きだったドラえもん。
私は、大山のぶ代さんの声のドラえもんが好きでした♪

 

誰でも必ず一度は、「ドラえもんがいてくれたらいいな~」って思ったことがあるはず(*^^*)

 

 

今、自分のガラガラ声での笑い声がドラえもんが笑っている声と似ているなとふと思い・・・(笑)

 

 

ちょっとブログを書いてみました(*’ω’*)

 

肌寒い日が続いて、冬に近づいてきましたね。
皆さんも風邪には気を付けてくださいね☆

 

※ドラえもん、ネットより拝借しました

カテゴリー: ホワイト歯科&ママ・キッズカフェ ハッピースマイル日記 | コメントする

ゆびのば®体操、ぜひオススメ!

こんにちは!
スマイルクリエーターのゆうです☆

タイトルの【ゆびのば®体操】って知っていますか?

 

実は、私とスタッフの安齋が【ゆびのば®体操】のインストラクターの認定を受けています(*^^*)

 

私が担当している【お口ポカントレーニングコース】では、足指の体操やゆびのば®体操を取り入れて子ども達に教えています。

 

お口ポカンになってしまう原因としては・・・

お口周りの筋肉や舌の筋肉なども関係ありますが、体の歪みや猫背、悪い姿勢からもお口ポカンに繋がります。

 

姿勢を作るには、まずは【足】を育てることが大切です。

 

足は、唯一地面に接地している場所。

 

なので、足はとっても大事なんですよ。

足は【第二の心臓】と別名、言われているんですよ☆

 

 

子ども達の足を見ていて思うこと・・・

足指の動かないこと!!!!(笑)

足指がしっかり動かないと地面を掴む、しっかり歩くなどが出来ません。

 

私達がオススメしている足指の体操

ゆびのば®体操が今度、テレビに登場しますよ!!

 

10月27日(土) pm8:00~9:00

『世界一受けたい授業』で、ゆびのば®体操を考案した今井一彰先生も登場します☆

 

 

今井一彰先生は、あいうべ体操を考案した先生でもあります(*^^*)

カテゴリー: ホワイト歯科&ママ・キッズカフェ ハッピースマイル日記 | コメントする

お子さんの口元、開いていませんか?

こんにちは!
スマイルクリエーターのゆうです☆

これからの時期、気を付けたいのが風邪やインフルエンザなどの病気ですね。

 

風邪、インフルエンザになりやすい人の特徴として・・・

 

お口が開いている

 

が挙げられます。

いわゆる口がポカンと開いてしまっていて口呼吸になっているのです。

 

口呼吸をしていると、空気中の目には見えないホコリやばい菌・ウイルスをそのまま吸い込んで体に入れてしまいます。

 

鼻呼吸だと、鼻毛があり、鼻腔を通って体に入っていくので、その過程で除去・加湿されてキレイな空気となります。

 

鼻は、天然の加湿付き空気清浄機と言われているんですよ(^^)

 

鼻呼吸が良いのか?

口呼吸が良いのか?

 

体に付いている機能を考えると、鼻呼吸が良いですよね☆

 

また、口呼吸をしていると歯並びが悪くなります。

一例として写真を比較してみてください。

 

小学1年生の時
お口が常に半開き、お口ポカンの状態でした。

下の歯は、4本抜けて2本生え変わっていますね。
こうやって見ると乳歯の時にすき間がありません。

 

 

 

2年後の小学3年生の時の歯並び
前歯がガタガタになっています。
また、口呼吸が直らないので唇もカサカサと乾燥しています。

 

唇も歯のカバーになるので、口が開いていると歯並びがガタガタになる可能性は高くなります。

 

また、口が開いていると前歯に汚れが付きやすくなったり、口の中が乾燥しやすいのでむし歯のリスクも上がったりします。

 

 

口呼吸はデメリットが多く、全ての人に気を付けて欲しい悪習慣となります。

 

ぜひ、口呼吸をしていないか?

ご家族の方、お友達、自分自身をチェックしてみてくださいね(*’ω’*)

 

 

口呼吸を気を付けていても、口呼吸になってしまうのは・・・

口周りの筋肉の低下、衰えや体の歪みなどが関係しているかもしれません。

 

 

ホワイト歯科クリニックにあるコース、お口ポカンカウンセリングでは

なぜ、口呼吸になってしまうのか?

どのように体と呼吸が関係しているのか?

 

分かりやすくお伝えしていますよ(^^)

カテゴリー: ホワイト歯科&ママ・キッズカフェ ハッピースマイル日記 | コメントする

今更ですが、ハッピースマイルグループって?

こんにちは!
スマイルクリエーターのゆうです☆

 

たまに言葉で、ハッピースマイルグループと出てきますが・・・
今更ですがハッピースマイルグループの紹介をします(*’ω’*)

 

ハッピースマイルグループは、4つのセクションから成り立っていて

☆ホワイト歯科クリニック

☆食育発信基地ママ・キッズカフェ

☆スマイルサロン フェアリーローズ

☆hahahaサロン Nico

 

この4つのセクションをまとめて私達はハッピースマイルグループと呼んでいます。

 

グループ自体は、『人生をハッピーに過ごして欲しい』をモットーに取り組んでおり
セクションごとに役割もあります。

 

カフェランチスペース・待合室に各セクションの役割を掲げているのを、ご存知でしたでしょうか?(^^)

 

 

ホワイト歯科クリニックの待合室にこちらのボードはあります。

 

カフェランチスペースには、同じような作りで文字が書いてあるところがリンゴの木とリスの家になっています(^^)

 

ぜひ、ボード見てみてくださいね☆

カテゴリー: ホワイト歯科&ママ・キッズカフェ ハッピースマイル日記 | コメントする

手づかみ食べは、子どもを育てる(*’ω’*)

こんにちは!
スマイルクリエーターのゆうです☆

 

毎月、食育発信基地ママ・キッズカフェではメニュー会議を開催しています。

実際に乳幼児さんに来月のカフェメニューを食べてもらい大きさや切り方、またメニューの見直しをしています。

 

今、ご協力いただいているのは以前ホワイト歯科クリニックに勤めていたスタッフのお子さんでSちゃん(1歳0ヶ月)です。

 

Sちゃんは、離乳食初期から手づかみ食べをしているので今では上手に手づかみして、お皿からちゃんと取れます。

 

また、同じお皿に一口かじった食材を戻したり、置いたりしていますよ(*’ω’*)

食材を下にわざと落としたり、お皿を落としたりは全くしません。

  

 

お食事中は、色々な表情や行動を見せてくれます。

 

 

自分で食べれて楽しそう♪ 嬉しそう♪

ママも隣でニコニコ笑顔です(^^)

 

手づかみ食べをしているお子さんは、食事中も楽しそうにニコニコ。

また、食べている様子を見ていると色々な観察や実験をしているのが見れます☆

 

食事の中で、色々な体験をして学習し身に付いているのが見ていて面白いですし、楽しいです♪

食事での手づかみ食べは、自分で食べる力、食べる意欲をしっかりと育てているんだなと見ていて思います。

 

 

最後は、両手でコップを持って上手に飲んでいました☆

 

たまに、コップの縁からお水をこぼしてしまいますが・・・それも勉強、学習です(^^)

 

最初から上手に出来る子なんていません。

昔から「失敗は成功の基」と言うので、失敗を繰り返し上手になっていくのです☆

カテゴリー: ホワイト歯科&ママ・キッズカフェ ハッピースマイル日記 | コメントする

むし歯ゼロゼロ講座でした♪

こんにちは!
スマイルクリエーターのゆうです☆

 

昨日は、食育発信基地ママ・キッズカフェ2Fで【むし歯ゼロゼロ講座 食育編 0~1歳クラス】が開講されました。

 

講師は、食育発信基地ママ・キッズカフェの店長であり、栄養士であり、二児にママでもあり、ロイヤルむし歯予防マイスター®として活躍している小林でした。

今回は、3組様のお申込みがあり受講生を待ち中☆

こんな感じでセッティングされていました(^^)

 

冬は、床暖房が入っているので裸足でも気持ちがいいですよ。

木の温もりを感じながら、乳幼児期のむし歯予防が学べちゃいます。

 

次回は、10月11日(木) 食育編 2~3歳クラスです。

 

2歳は、世界共通で「魔の2歳児」と言われるイヤイヤ期が・・・

でも、心の発達ではとても大事な時期で、イヤイヤ期があるのはしっかりと成長している証なんですよ(*’ω’*)

 

ただ、この時にママ・パパ、周りの大人のサポート力が問われる時期でもあります。

 

事前に知っていると知らないのでは対応・サポートも変わってきますよ☆

ぜひ、気になる方はまだお席空いていますのでお話聞きにいらしてくださいね。

 

むし歯ゼロゼロ講座の内容が気になる方は、こちらよりチェック☆
hahahaサロンNico HP

http://www.hahaha-dh.com/anzai/

 

カテゴリー: ホワイト歯科&ママ・キッズカフェ ハッピースマイル日記 | コメントする

ハロウィン🎃

こんにちは!
スマイルクリエーターのゆうです(^^)

 

10月に入り、すっかりお店の飾りつけや販売している物もハロウィングッズ🎃が多いですね!

 

私のハロウィンは、5年前からディズニーでの仮装となりました☆

 

今年も9月に行ってきましたよ(*’ω’*)

もう仮装ディズニーしてきたので・・・私の中ではハロウィンのテンションが終わってしまっています(笑)

 

ハロウィンは、元々は秋の収穫を祝うお祭りで、悪霊などを追い払う宗教的な意味合いの行事だったのを知っていますか?

 

アメリカで定着していた行事でしたが、日本も気づけば定着してきていますね(*’ω’*)

 

ハロウィンの時期に気を付けて欲しいのが「お菓子」

 

お菓子じゃなくて、今年は子ども達がむし歯にならないように「100%キシリトールガム」や「100%キシリトールタブレット」などを配るというのもオススメですよ♪

 

 

 

カテゴリー: ホワイト歯科&ママ・キッズカフェ ハッピースマイル日記 | コメントする

トレーニング♪

こんにちは!
歯科衛生士のミッキーです☆

10月ですね。
年度の折り返しですね。

 

10月と言えばハロウィン🎃が定着した日本ですが、ホワイト歯科クリニックもハロウィンの飾りつけをマネージャーがしてくれてかわいいですよ。

 

ミッキーは、9月から素敵な出会いの連続です♡

その素敵な出会いは10月に入っても毛族中でエネルギーがずーっと出っぱなしです。

 

出会いと言えば患者さんとの出会いもミッキーにとっては宝物ですが、ある小児患者さんから今、多くのことを学ばせていただいています。

 

その小児患者さんとは自閉症の6歳の男の子R君です。

R君は残念ながら大きなむし歯があります。
R君のママ達はホワイト歯科クリニックでむし歯の治療をして欲しいというのがご希望です。。

 

ホワイト歯科クリニックの治療方針として、むし歯の治療は親子分離できなければ治療をやりません。
R君は発達がゆっくりなお子さんです。

現状、親子分離は出来ない状況です。

 

ミッキーはママ達に提案しました。

「まず歯医者さんに慣れていくトレーニングをしていきましょう。
トレーニングをして絶対、治療が出来るわけではありませんが
ホワイト歯科クリニックで治療をご希望であれば親子分離は必須ですから
まずはトレーニングに取り組んでみましょう!」

 

R君とお母さんとミッキーの二人三脚トレーニングはスタートしました。

 

まずはR君と信頼関係を作ることから始めました。
ミッキーがR君と信頼関係を築く上で大事にしたことは「まずR君の目を見て話す」ということです。

分かっていても、分かっていなくても目を見て話しかける!

はじめR君はミッキーの目を見てくれませんでしたが、だんだん慣れてきてミッキーの目を見てくれるようになりました。

 

近頃では、ハイタッチもしてくれる関係です。

 

そして、R君とお母さんとミッキー三人でお家でやってきてもらう目標設定をして次のホワイト歯科クリニック来院時に見せてもらうという約束をしました。

 

歯磨きを嫌がるということだったので「ラララ雑巾♪」という手遊び歌に合わせて、お家で点検磨きをやったもらうことにしました。

 

これが、大成功でした!!

 

 

よーく考えてみたら、これって人間の基本の「き」

「信頼関係を築き、約束を守る」

そうです。大人、子ども、健常者、障害者そんなことは関係なく人として大事なことです。

 

ミッキーはやられた~と思いました。
R君に試されている?

R君から改めて人間の基本の「き」を教えてもらったのです。

 

トレーニングは始まったばかりです。
これからR君からミッキーへの課題&宿題は何だろう?

 

まだまだ人として成長中のミッキーです☆

 

カテゴリー: ホワイト歯科&ママ・キッズカフェ ハッピースマイル日記 | コメントする

お子さんの姿勢チェックしてみてください!

こんにちは!
スマイルクリエーターのゆうです☆

 

私が担当している【カムカムスマイルトレーニング】

お口ポカンを改善するために、姿勢や口周りの筋肉をトレーニングして正しい発達・成長に導くサポートをしているコースです。

ただ、このコースは本人のやる気と家族の協力が必要で、またお家でのトレーニングがメインとなります☆

 

今日は、トレーニングに来ているお子さんの姿勢(体の歪み)について。

今年から、トレーニングを始めた女の子。

ママは歯並びが気になっていて、矯正も悩んでいます。

 

今すぐに出来る取り組みとして【カムカムスマイルトレーニング】を始めました。

 

体の歪みがあると、歯並びや噛み合わせに影響するって皆さん知っていますか?

体の歪みがあると前歯の「正中」がズレてしまうのです。

 

正中とは?

上前歯と下前歯の線が合っていることです。

※大人の方の口腔写真です

 

正中が合っていない方、とても多いです。

実は私も、その一人ですが(+o+)

 

今回、体の歪みが今まで以上に強く出ていたので写真を撮って本人に立ち姿を見せました。

この後ろ姿の写真を見て

私「真っすぐ立てている?立てていない?」

 

女の子「ん~、分からない」

 

私「じゃ、手の長さは左右一緒かな?」

 

女の子「違う」

 

私「肩の高さは一緒かな?」

 

女の子「違う」

 

私「どのように違う?」

 

女の子「右の方が下に落ちてる」

 

私「このままの姿勢で良いと思う?」

 

女の子「思わなーい」

 

まずは、本人の意識から変えることが大切です。

気付かせて、意識を変えないと・・・何も変わりません(>_<)

 

結局は、自分の体なので将来、苦労するのは本人になってしまうからです(+_+)

 

本人が変わりたい!と思わないと・・・
変わらないので、今回は写真を見せて言いました。

 

でも、ここまで歪んでいると本人も立っている時や座っている時も辛いはず。

現に真っすぐ立つことが出来ず、ずっとクネクネして立っています。

 

この子だけじゃなく、最近のお子さんはクネクネして立っている子が多いと感じます。。

 

姿勢の悪さや体の歪みが気になるママ・パパ!

ぜひ、カイロプラクティック ミシオネールサンテで体を見てもらってください。

私達も、定期的にカイロプラクティック ミシオネールサンテでお世話になっています☆

 

カテゴリー: ホワイト歯科&ママ・キッズカフェ ハッピースマイル日記 | コメントする