院長あいさつ

2017年12月1日 ジャンピングスマイルクラブ更新しました!

  • ★ スタッフブログ更新!今月は…?
  • ★ ママ・キッズカフェのランチメニューを公開!
  • ★ すまいる散歩 更新しました
  • ★ 今月の秘密の会議 皆さんにこっそり教えます

あなたをキラキラ・ハッピースマイルに

会員様限定特典クーポンをお届けします。

 

携帯電話のこの画面をスタッフにお見せください。
次回特典クーポン更新は、10月となります。

 

ハッピースマイルグループより☆
平成30 年度からはスタッフブログのテーマを、ハッピースマイルグループ内で気づいた事や発信したい事などをスタッフ目線でお届けします。
ハッピースマイルグループは、健康=健口=健幸をみなさんにお伝えしています(^_-)-☆

 担当:歯科衛生士 青木 朋子

 

【 技術・家庭科 】

こんにちは!
歯科衛生士の青木です☆

今年の夏も暑くなりそうですね!
自分が夏生まれということもあり夏は大好きです♪

 

今、我が家のベランダで「ナス」を育てています。

ある日、中学生の娘が学校から植えたばかりの苗の入っている鉢を持って帰ってきました。
技術の生物の育成に関する学習とのこと。

 

上の子の時には確かなかったような・・・
なので少しビックリでしたが、何といっても夏野菜の「ナス」は大好きなので収穫して、どんなお料理をしてくれるか今から楽しみです!

 

 

一方、家庭科では幼児の発育について学習しているようです。

乳歯はいつ頃、生えるか?
乳歯は全部で何本か?などなど

問題を出されましたが、もちろん全問正解です(^_-)-☆

 

ふと思い出して、娘の乳歯を並べてみました。
初めて生えて来た下の前歯ってこんなに小さかったんだねーっと驚いていました!

 

 

私が子どもの頃は、技術は男子、家庭科は女子と分かれて授業を受けていましたが、今は一緒になりいろいろな事が学べて楽しそうです!!

 

 

 

ママ キッズカフェメニューはこうして誕生!!

ママ・キッズカフェのメニュー誕生の秘密を紹介

ママ・キッズカフェメニューは、毎月、皆様に美味しいランチをお届けするためにメニュー作戦会議が開かれています。 このコーナーは、作戦会議の様子をお知らせします。オフィシャルページより早く、メニューの詳しい内容を知ることができます。

6月5日メニュー作戦会議の様子

 

 

 

 

6月のメニュー会議でも、まきちゃんとお子さん2人に協力してもらい色々な顔が見れました☆

 

お姉ちゃんが、スプーンを使っているのを見て妹ちゃんが欲しがりました(^^)

1歳過ぎてくるとカフェでもよくこの光景を見ます。
周りの子が使っているのを見て欲しがるのです。

 

また、カフェに来るママからもスプーン欲しがる時はどうすればよいですか?と質問されます。
欲しがる時はスプーンを渡して、その時の欲しいという気持ちを満たしてあげましょう(^^)

 

まだ、上手にスプーンが使えないので片手はスプーンを持ちつつ、もう片手で手づかみ食べをしますよ☆

妹ちゃんも、この時にスプーンで上手く食べれないので空いている手で肉団子を持って食べていました。

 

年子なので、妹ちゃんにしたら身近で良いライバルがお姉ちゃん。
お姉ちゃんがママと手を繋いでいたら、私も繋ぐとアピールして同じように手を繋ぎます(^^)

 

お子さんは食べている時も、よく周りを観察して見ています☆

なので、お家でもママ・パパがご飯をしっかり食べている姿を見せるのも大事ですよね。

 


ママ・キッズカフェのメニューは、奇数月の主菜は肉料理、偶数月の主菜は魚料理で一汁三菜メニューを提供しています。 ママ・キッズカフェの食育は、むし歯予防に特化しています。離乳食から幼児食の時期は、口腔内が発達し、「食習慣」を身につける大切な時です。月齢や年齢だけでなく、各自の口腔内の成長に合わせた「乳幼児が形状・味・食材」を追求し、メニューに反映させていきたいと考えました。親子で同じでも、どのように工夫をしたのかを具体的に示し、「幼児食」の大切さをお伝えしたいと思います。月に1種類のメニューですが、こだわりの内容になっています。皆様のご来店をお待ちしています。

 

7月1日~7月31日 メニューのポイント

 

★ 7月1日~7月31日の予定メニュー ★

 

主菜:肉団子のカレー煮

豚肉の肉団子をカレーソースで煮込みました。豆腐や玉ねぎなどを加えて、肉団子のかたさを調整し、肉の臭みを消すためにごぼうを加えます。揚げた肉団子を手作りのカレーソースで煮込みます。

カレーは複数のスパイスから作られるもの。そのスパイスは、漢方薬として使われているものも多く、それぞれ健康への効果が期待できると言われています。市販のカレールーは動物性油脂や塩分がたくさん含まれていることが多いので、手作りのカレールーを使用します。

暑い季節になると冷たい麺類が好まれますが、炭水化物を消化するためにはビタミンB1が必要です。豚肉にはビタミンB1が多く含まれています。日本人はエネルギーの多くを、主食である米の炭水化物(糖質)から摂っているのでビタミンB1はとても重要です。ニンニク、ネギ、玉ねぎ、ニラなどと組み合わせると吸収がより良くなります。
幼児食はカレー粉を少なくしています。また、離乳食用にはささみのひき肉の団子を提供します。

 

副菜:切り干し大根と凍り豆腐の煮物

夏はサラダのような、さっぱりとしたおかずが好まれると思われがちですが、汗をたくさんかく暑い夏こそ、だしで美味しく味つけした煮物を食べてほしいものです。

切り干し大根は、天日で干して乾燥させた食材です。太陽の光を浴びることで甘味が増し、生の大根と比べてカルシウム、鉄分、ビタミンB群などの栄養価が高くなります。

凍り豆腐は豆腐を凍らせる過程でたんぱく質が変性するのが大きな特徴です。ふつうの豆腐よりもタンパク質や脂質などが豊富です。脂質の代謝に関係する大豆のサポニンや老化予防のビタミンEや骨粗鬆症を防ぐ大豆イソフラボンなど注目の栄養素を多く含みます。

乾物は保存食品ですが、あまり長く保存すると、凍り豆腐は大豆の油が酸化して風味が悪くなります。切り干し大根は天日で干して乾燥させた食材です。太陽の光を浴びることで甘味が増し、生の大根と比べてカルシウム、鉄分、ビタミンB群などの栄養価が高くなります。切り干し大根は糖度が高いので、長く保存すると茶色になります。賞味期限が切れたり、茶色になった切り干し大根は何度か水を変えてから調理すれば、味は新鮮な切り干し大根ほどではありませんが食べられます。

昆布やヒジキなどの海産物は1年くらいで食べきりましょう。

 

副副菜:トマトのオクラ和え

真っ赤なトマトは栄養の宝庫です。トマトが持つ栄養素の中でも特に注目されているのがリコピンと呼ばれるものです。赤くみえる野菜やカニ、エビの甲羅に含まれる赤やオレンジ、黄色の色素の総称を「カロチノイド」といいます。赤緑黄紫の色素を持つ野菜に含まれています。このリコピンは、「抗酸化作用」が強く生活習慣病予防や老化抑制にも効果があるそうです。

オクラのぬめりの成分はペクチンなどの食物繊維で体に大変良いものです。ペクチンは整腸作用を促しコレストロールを排出する作用や便秘を防ぎ大腸ガンを予防する効果があると言われています。緑黄色野菜で、βカロティン、カリウムやカルシウムを豊富に含んでいます。使う前に塩をこすりつけてから洗うと産毛が簡単にとれます。細かく刻むほどぬめりが多く出てきます。2%の塩加減(水1Lに塩20g)で2分間茹でるのが、最もぬめりが出るそうです。

ぬめりが多いと噛みにくくなりますが、トマトを加えることにより噛むことが出来るようになります。

 

 

 

~くまさんランチ~

 

~こぐまさんランチ~

 

  • 主菜:肉団子のカレー煮
  • 副菜:切り干し大根と凍り豆腐の煮物
  • 副々菜:トマトとオクラ和え
  • 汁物:味噌汁
  • ごはん

 

すまいる散歩☺

スマイルサロン フェアリーローズ 担当のゆうちゃんが日常の中で笑顔になる瞬間を発信していきます。
良かったら読んでみてください♪♪

7月に入り「夏」って感じですね!!

子ども達は今月末から夏休みかと思うと早いですね(*’ω’*)

 

6月に私が好きな川越に遊びに行ってきました。

遊びに行った時は天気もよく水分補給が欠かせない☆

 

ちょうどコーヒーフェスティバルがやっていたのでブラックコーヒーを2杯飲んできました(*^^*)

 

 

水分補給は、ハッピースマイルグループでは『お水かお茶』をオススメしています。

 

カラカラのお口の中にジュース・スポーツドリンクなど甘いものが入るとお口の中に砂糖が停滞しむし歯になりやすくなります。

また、お口の中が酸性に傾くので歯のカルシウム・ミネラルが溶け出してしまいます。

 

この酸性を元に戻すのが唾液の力です☆

 

 

通常、お口の中は何も入れていないと中性に保たれています☆
なので、お水かお茶ならお口の中は中性のまま水分補給が出来るという事になります。

 

 

また、ジュース・スポーツドリンクを飲んでいると思っている以上に砂糖量を摂取しているんですよ。

なので、たまになら私達も飲みますが常用飲料としては飲んでいません。

 

これからの時期は水分補給時に何を飲むか?を考え気を付けましょう☆

 

写真は、まかないを頂いた時の6月カフェメニュー(^^)

 

 

栄養満点、出汁の美味しさが伝わるメニューでした☆

 

とっても美味しかったです♪

 

秘密の会議

ホワイト歯科クリニック&フェアリーローズ&ママ・キッズカフェ スタッフ全員が集合し、皆様によりよいものをお届けするために、月に一度会議が開かれています。
会議の様子をご報告しますので、今後のイベント等の詳細もいち早くゲットできちゃいます

 

 

6月20日 秘密の会議の様子

本日の議題をご報告

1、連絡事項

2、各チームプロジェクト進捗状況&報告

3、診療室チームより
「サリバテスト&歯周病リスク検査」のレクチャー

4、スタッフ大岡より
外部セミナーの報告「食育アドバイザー」

5、スタッフ山中より
「食育実践予防歯科®とは」

 

 

6月の会議は梅雨空で外は一日雨が降ってしましたが、会議中は熱く濃い内容で3時間半があっという間の時間でした。
会議の中では、スタッフ大岡が外部で学んできた「食育アドバイザー」の情報の共有とレクチャーがありました。
実際に、国が出している離乳食の定義や考え方と私達が取り組んでいる食育実践予防歯科®との違いなどの比較も会議の中でしました。
改めて子育ては、色々な考え方や捉え方があるので伝え方の難しさも感じました。

また、スタッフ山中より「食育実践予防歯科®とは」でスタッフ全員に向けての講義をしてもらいました!
新しいスタッフも入り、全員が同じ共通認識を持ち発信が出来るように、今年も情報共有を大切にして会議も進めていきます☆

 



会議の中で出てきた話、『これ、イイネ!』と思った情報を皆さんにもお届けします♪

 

『 スタッフ大岡より「食育アドバイザー」を受けて 』

 

私達は、食育実践予防歯科®を確立し皆さんにお伝えしています。

私達の食育は「歯科に特化した食育」なのです。

 

将来の口腔育成を見据えて、乳幼児期から噛むを育んでいく、また味覚を育てていくことの大切さを伝えています。

 

正しく噛むを育むことで、将来のむし歯予防、歯並びにつながり

正しい味覚を育てることで、生活習慣病(むし歯、糖尿病など)の予防につながります。

 

正しく噛むを育むには、離乳食の進め方、抱っこの仕方など乳幼児期の発達・成長が大きく関わってくるのです。

 

では、実際に他の人が伝えている食育の内容は?

私達と同じなのか?違うのか?

 

そこで、「食育アドバイザー」という資格があるのでスタッフ大岡が外部のセミナーを受けてきました。

 

分かりやすくパワポにまとめて、スタッフの皆に共有してくれました。

 

写真の食材達は、国が出している離乳食の目安の硬さを表した食材達です。

実際に、ガイドラインに載っている月齢になって食べてみました。

離乳食初期は、舌が前後にしか動きません⇒ヨーグルト

離乳食中期は、舌が前後、上下にしか動きません⇒お豆腐(絹)

離乳食後期は、舌が前後、上下、左右動いてきます。奥歯はまだ生えていません⇒バナナ

離乳食完了期は、個人差がありますがまだ乳歯20本は生え揃っていません⇒肉団子
このように自分たちが、乳幼児期の子達と同じ条件で食べてみないと視えないこともあります。
実際に国がだしているガイドラインに沿って、離乳食の目安の食材を食べてみました。
「うーん、これは難しそう・・・」
と思う食材が。
私達、大人目線で作ってしまうとこうなってしまうのかもしれません。
子ども目線で、お口の成長・発達を見極めて離乳食を進めていく大切さを伝えていくのが『食育実践予防歯科®』なんだと改めて感じました。
ガイドラインを見ても、やはり大人目線・ママ目線で書かれているのが多い!
私達は常々、子育ての主役は子ども!と伝えています。
周りの大人たち、ママ・パパは子どものサポート役なんです☆
自分達が伝えている内容、外部の人達が伝えている内容の比較が出来ると色々な発見があるなと思いました。
  • あなたをキラキラハッピースマイルに
  • イベント情報
  • スタッフブログ
  • ママ・キッズカフェメニューはこうして誕生!
  • すまいる散歩
  • スマイル通信
  • 秘密の会議
  • MVP
  • サポーターの皆様へ

ツールバーへスキップ