歯科衛生士 ミッキーのSHTA療法体験日記」カテゴリーアーカイブ

夏休み♪

   

 

 

夏休みを利用してイタリアに行ってきました。

ミッキーは自分でも職業病だなと思うくらい、イタリアに行っても子ども達の口元が気になって仕方ありませんでした。

 

子ども達の口元を観察していて、いくつか気付いたことがあります。

 

1、お口ポカンの子が少ない

日本ではどこを見てもお口ポカンの子だらけですが、お口をポカンと開いている子は少なく、みんな素敵な笑顔でした。

電車の中や町でゲームをやっている子もいなかったです。

ただ、スマホをやっている大人は多く見られました。

 

2、お口をポカンと開いている子は歯並び悪い

数は少ないですが、お口をポカンと開いている子はいました。

その子達はみんな、歯並びが悪くそのお子さんのママも口を開いていました。

 

3、おしゃぶり大流行?

乳幼児がベビーカーに乗って、みんなおしゃぶりを咥えていました。

日本ではおしゃぶりを使用するお子さんは昔に比べ少なくなっています。

ミッキーも歯科衛生士学校で、おしゃぶりをいつまでも使っていると前歯が出てしまうので良くないと習いました。

しかし、口を閉じると言う意味ではおしゃぶりは良いグッズなのかもしれない?とイタリアの子ども達を見て思いました。

 

4、声が大きく、早口のイタリア人

日本語とは全く違うイタリア語。

とにかく口の周りの筋肉をいっぱい使って、しゃべっていました。

面白かったのは、スマホでしゃべっているのに大きく身振り手振りで話していました。

日本であれをやるとおかしな人...と思われてしまうくらいでした。

 

5、硬い肉を噛む

イタリア料理と言えば、パスタに生ハムなど美味しいものがいっぱいありました。

内陸の街も訪れたので、その街で牛肉のグリルを注文しました。

肉の味はあるものの、なかなか噛み切れずよく噛まないと飲み込めず...噛んでも噛んでもなくならない肉でした。

そして、日本ではありえないほどの硬いパン。

やはり、あれだけの硬い物を日常食べていれば自然に噛む力もついてくるなと思いました。

 

食文化、言語がこれだけ違うのですから日本人は表情筋を鍛えて、口を閉じる意識をする必要があることをもっと伝えていかないといけないと感じたイタリア旅行でした。

カテゴリー: 歯科衛生士 ミッキーのSHTA療法体験日記 | コメントする

OHCセミナー!!

先日、SHTA療法の分会であるOHCのセミナーがあったので、ママ・キッズカフェの栄養士 和代ママと非常勤ママさん歯科衛生士 美砂さんと三人で出掛けました。

 

OHCは3年前に立ち上がり、ミッキーはその時からお世話になっています。

OHCとは?

 

Oral Hygienist Club の略です。

 

今回のセミナーは浜松にある小児歯科のドクターのお話で大変興味深い話ばかりでした。

一番興味深かった話は、乳児のストロー飲みのトレーニング時期です。

 

お母さん達はコップ飲みの前にストロー飲みのトレーニングをするケースが多いと思います。

その理由の一つに、外出時ストローで飲めた方がこぼさないし、市販のストロー付きの飲み物も飲めるし母としては楽になります。

 

しかし、ちょっと待って下さい!!

 

ストロー飲みは授乳の時の舌の動きを思い起こさせ、せっかく食べる準備に入って、舌も食べる動きを覚え始めている大切な時期なのにこれではお口の発達が後退してしまうというお話でした。

 

これは、ママ・キッズカフェでもお話ししていることです。

 

舌の動きと歯並びはとても関係が深いのです。

乳幼児期に正しい舌の動きを習得することはある意味、正しい歯並びに導く予防方法です。

 

ホワイト歯科クリニックでは、この春スマイルクリエーターが、お口周りのトレーニング&情報発信に取り組み始めます。

 

歯並びも予防の時代がやって来た!!とミッキーは思います。

 

カテゴリー: 歯科衛生士 ミッキーのSHTA療法体験日記 | コメントする

SHTA装置を修理に出す

先日、SHTA装置を修理に出しました。

理由は、SHTA装置はネジをはずして顎を広げていく装置ですがミッキーはネジを4つ外し使用していたのですが、院長に診てもらったところ装置にガタつきが出ていて安定していないので、修理した方が良いという診断でした。

全部でネジは6ヶあります。一番外側の2つは固定のネジなので、そのネジは外しませんから、ミッキーの装置はマックスネジをはずしたということです。

一週間で修理は仕上がってきました。

大人の場合、一週間で広がった顎が元に戻ることはないのでSHTA装置を修理している間は、お休みです。

しかし、子どもの場合、顎が広がるスピードが早いのと同時に装置を入れていないと顎が戻ってしまうスピードも早いです。

ですから、子どもの場合はスペアの装置をもう一つ作製してから、修理に出すケースが多いです。

ミッキーが平成23年1月に顎の型をとったもの(模型)と現在の顎の型をとったもの(模型)を比べると、分かりにくいですが前歯の歯並びが少し変化していて、奥歯も少し立ってきています。

子どもは顎の成長をSHTA装置で加速しているわけですから、大人の何倍もの早さで顎が拡大していきます。

体に優しく良い歯並びと同時にお口の機能も手に入れることが出来るSHTA療法は素晴らしいと実感しています。

カテゴリー: 歯科衛生士 ミッキーのSHTA療法体験日記 | コメントする

「うちの子歯並び大丈夫?」座談会

ついついフェイスブックにアップして、ブログアップが疎かになってしまっていました。

先日、「うちの子歯並び大丈夫?」というテーマで座談会を開催しました。現代は顎が小さいお子さんが多く、乳歯の時から歯並びがガタガタなんていうのも珍しくありません。

ミッキーが歯科衛生士の学校に通っていた頃は「歯並びは遺伝です」と習いました!

しかし、今ではその定説もちょっと違ってきていて、もちろん遺伝子要素は大きいのですが、その人の生活環境がかなり影響されてしまうということが言われています。

生活環境とは何ぞや?と気になるところですよね!

例えば、寝方・舌の癖・頬杖などなど...まだまだあります。

逆の言い方をすればそういう生活中での癖を気を付けると歯並びは悪くならない確率が高いのです。もし、歯並びが悪くなってしまったら矯正というのも選択としてあり!!です。

しかし、この矯正も色々な種類があって・・・

矯正は金額もかかるので、相談無料と言ってもちょっと敷居が高いですよね。そこでミッキー達は思いました。

気軽に歯並びのことを話せる場があるといいんじゃない?って思ったのです。

歯並びは見た目だけでなく、健康にとってもとても大切な要素なのです。そのことを、座談会を通じママさん達にお伝えしました。ママさん達にとても喜んでいただき開催して良かったです。

次回、開催は平成26年6月を予定しています。ご興味ある方はぜひ参加して下さい。

 

カテゴリー: 歯科衛生士 ミッキーのSHTA療法体験日記 | コメントする

OHCセミナー参加

先日の日曜日、OHCセミナーにスタッフ3人と一緒に出掛けました。
OHCとは・・・オーラルハイジニストクラブの略語です。
OHCは当医院が導入している、SHTA療法の分会で、お口を通じ健康を考える会です。ですから、歯科衛生士だけでなく、歯科医院にお勤めの受付、栄養士、助手と職種は様々ですが、それぞれの立場で参加し、勉強しています。

今回は狭窄を読み取れるか・・・という症例検討とコミュニケーションをテーマの講話とロールプレイングでした。

最近 歯科衛生士 ミッキーは歯や歯ぐきの観察だけでなく、歯並び、その歯並びを診てその方の癖まで理解できるようになってきたな・・・とこの症例検討で感じました。
SHTAの勉強をするまでは、正直ここまでの観察力はなかったです。

観察できるようになると、歯並びや顎の大きさを診て、将来 このお子さんはどのような人生を歩むんだろう?健康でハッピースマイルな生活は送るるころはできるんだろうか?と歯科衛生士として、もっと、もっとお伝えしなければいけないことがあると思います。

セミナーに参加すると刺激もあるし、やはり学ぶことは楽しく大好きです。

 

カテゴリー: 歯科衛生士 ミッキーのSHTA療法体験日記 | コメントする

お口ポカン撲滅

セミナーの様子

先日、「お口ポカン撲滅セミナー」を大阪から講師をお招きして開催しました。

ミッキーは職業病なのか、電車や街でお口をポカンと開いている方が気になってしょうがないです。
これはお口のまわりの筋肉の弱さに関係がありますが、もう一つ舌の癖にもあるのです。

お口ポカンと開いていると、口呼吸になります。
そうなると、菌がダイレクトに口から体の中に入りやすく、免疫力も低下しやすく病気になりやすい体になってしまうので、見た目だけでなく、健康にもよろしくないのです。

そんなお口ポカンの撲滅をホワイト歯科も取り組みたいと思っていました。
同じことを考え、すでにお口ポカン撲滅に取り組んでいる歯科医院が大阪にあったのです。
大阪でセミナーを開催していらっしゃるのですが、お願いをして埼玉まで出張していただくことになり、先日 院内セミナーが実現できました。

驚いたことに、なんとミッキーも舌癖があり、舌に筋肉のないことかわかりました。
ショック!!でも大丈夫。舌は筋肉なので舌に筋トレをすると舌は鍛えられます。

口をポカンと開いていなくても、舌癖があるんだな・・・と新しい発見!!

舌を鍛えると同時に表情筋も鍛えられ、笑顔もパワーアップし、魅力的な人になれるという副産物もいっぱいです。

そしてこういう舌癖や生活での癖を改善することで、子どもたちの歯並びも良い方向になるのです。
体はバランスで、頭の先から足の先までつながっているので、体のバランスを崩さないように生活することが、健康につながっていくんだと思う。

健康の入り口は、やっぱり口ですよね。

皆さん、「お口ポカン撲滅メニュー」導入楽しみに待っていてくださいね。

カテゴリー: 歯科衛生士 ミッキーのSHTA療法体験日記 | コメントする

口を閉じれば病気にならない

セミナー昨日はSHTA創立4周年記念大会にスマイルクリエーターゆうちゃんこと竹田と二人で参加しました。
基調講演はあいうべ体操で有名な福岡で開業をしている今井 一彰先生のお話をお聞きしました。
「口を閉じれば病気にならない」というタイトルの講演でした。
今井先生の専門はリウマチ アレルギー科ですが、その先生がなぜ口に着目?なのかと私は興味津々でした。

先生はある時に来院患者さんが、口をぽかんと開いている方の多さに気づき、口を観察するようになったのです。そして気づいてのは、みんな舌の位置が低く、顎が狭いかということでした。
いくつか症例が出てきましたが、あいうべ体操でお口を動かし、舌の位置を上顎につけるように意識し、口を閉じ鼻で息をするように指導したら、不思議とアトピーもきれいになったり、花粉症が治ったり、薬の量もどんどん減って健康になる患者さんが多くなったというお話をしてくださいました。

私もこれらの症例にはびっくりでした。

医療費がどんどん増える中、未来の子どもたちに借金を背負わせるのではなく、薬づけの医療から脱却しないといけない。顎がどうしても小さく、舌が上顎につけられない人もいるので、今後 このSHTAがどんどん広がり顎がひろがり、体の不調で苦しむ患者さんがもっともっと救われるようになると今井先生は語っていました。

私も臨床で口が開いていることが気になる患者さんがいっぱいいます。
もっと、このお口を閉じ健康を守っていくということに真剣に取り組んでいきたいです。

今井先生の口は命の入口ですから・・・という言葉が私の心にとても響きました。
この言葉はホワイト歯科でよく言っている、お口は健康の入口という言葉と同じ意味だからです。

帰りに桜の花が満開の靖国神社に参拝し、お花見気分も満喫しました。桜

カテゴリー: 歯科衛生士 ミッキーのSHTA療法体験日記 | コメントする

今日は歯医者さんの日

私の通っている歯医者さん

先日 私自身のケアに友人の歯科医院を訪れました。
私もちゃんと定期的にケアに歯医者さんに通っています。
やはり、定期的にケアを行っていくことの大切さを、私自身臨床でとても感じます。
定期的・・・というところが大事なのです。

今日はホワイトニングの自由診療のメニューをやっていただきました。
私の担当の歯科衛生士さんは私より上で、ベテランなのですごくソフトタッチで
とても気持ちが良いです。

すると歯科衛生士さんが「新井さん、顎も広がってきましたよね。前歯が以前より平らになっていますよ」と言ってくださいました。
ミッキーはとても嬉しかったです。自分では歯が動いていないな・・・と思っていたので、毎日ほんの少しの変化だから気が付かないんだと反省でした。

医院に帰ってからはじめの模型と比べたところ、やはり変化していました。
やったー 小児患者さんよりゆっくりだけど動いているという実感を受けました。

ちょっとモチベーションが下がってきたところでしたから、うれしい気づきでした。

カテゴリー: 歯科衛生士 ミッキーのSHTA療法体験日記 | コメントする

デカパンじゃありません

SHTAの記事はすごく久しぶりです。
・・・というのもミッキーの口の中は大きな変化はありません。
大人なので時間はかかるというものの、こう変化がないのはモチベーションを下げます。

実はミッキーの口の中があまり変化がない理由がわかりました。
それはミッキーの癖に理由があります。
これを専門用語で態癖(タイヘキ)と言います。この態癖(タイヘキ)は歯科業界でもかなり注目されています。
たとえば頬づえ、姿勢の悪さ、荷物を肩の片方にかける、寝方・・・など色々あります。
ミッキーが歯並びが悪くなった理由の1つに態癖(タイヘキ)である頬づえが考えられます。もちろん、今は気をつけています。

現在の装置を入れているのに、あまり変化がない理由は、寝方でした。
ミッキーは恥ずかしいくらい寝ぞうが悪いのです。
上を向いて眠ることはできません。自然に横向きになっていて、枕なんてはずれています。
横を向いて寝ると、頬づえしているのと同じように常に歯に圧が加わり、装置で顎は広げているが、歯を押して顎は広がらないのです。つまりプラマイゼロということです。

SHTAの勉強会で仲良しになった先生に相談したところ、良い枕があえると、ミッキーのような態癖(タイヘキ)のある人のための枕を紹介してくれました。

写真ではまるで大きなパンツのように見えますが、これは枕ですからね。

デカパンではありません

 

ミッキーのデカパンと誤解をされては困るので、もう一つ写真を掲載しました。

ねっ、枕でしょ

長年のミッキーの寝方が体にしみ込んでいるので、枕がまだしっくりこないのか落ち着きません。
でも毎日使っています。この枕が横向きで寝ても、頬が枕に当たらないので、歯に圧力がかからない設計になっています。

ミッキーはこの態癖(タイヘキ)とお口の影響を身をもって感じているので、一人でもお子さんが態癖(タイヘキ)に悩まず、歯並びが綺麗で、元気に噛めるお口になってほしいと、小児患者さんの中で気づいた時はアドバイスしています。子供は柔軟性があるので、態癖(タイヘキ)が出ていても気を付けることで態癖(タイヘキ)が消える場合もあります。

SHTAの勉強をしていて、噛むこと、体の奥深さに驚く毎日です。

カテゴリー: 歯科衛生士 ミッキーのSHTA療法体験日記 | コメントする

SHTAの院内勉強会スタート

ミッキーともひとりも歯科衛生士さんとSHTAをもっと理解しようと院内勉強会を始めました。
題して M&Mコンビ発信 SHTAを学ぼう

第1回目は6月に終了しましたが
1.SHTAの概要
2.歯並びが悪いとどんな影響が出るのか? グループワーク

さて次回、第2回目は7月11日に開催されます。
M&Mコンビは次のテーマとして
3.グループワークまとめ
4.人を語る前に己を知ろう
5.通常業務で観察しよう
と作戦を立てました。

実は歯並びは日頃の癖で悪化してしまうことも多いのです。もし癖など早い時期に気づき止めることができれば、歯並びの予防ができる場合も多いのです。

実はミッキーも癖があります。大人になるとこの癖が治りにくいのも事実です。
この癖が顎の拡大を妨げる場合もあります。

歯並びも予防できたら嬉しいですよね。
そういう視点で知識を高め、発信していきたいと思っています。

カテゴリー: 歯科衛生士 ミッキーのSHTA療法体験日記 | コメントする