月別アーカイブ: 11月 2021

乾燥する季節だからこそ

こんにちは。
あんちゃんこと歯科衛生士の安齋です👩

寒ーい季節、一気に乾燥してきました!
私も指先やかかとがガサガサし始めてきて、早めに対策をと
ハンドクリームを塗り始めているこの頃です。

この時期はスキンケアに加えて、老若男女問わず、
リップケアをされている方も多いのでないでしょうか?

リップクリームを塗る女性

「リップを塗っていてもかさつきが治らない、、、」

それはもしかしたら、乾燥だけが原因じゃないかもしれません🤔
実は口呼吸が影響していることも多いんです👄

季節的な鼻炎症状で鼻呼吸がしにくかったり、マスク生活で習慣化してしまうことで起きている” 口呼吸化 ”といったことが、常に唇や口の中の潤いを奪っています。

潤いにはバリアの役目がありますので、少なくなると様々な弊害が出てきてしまします。
お口の中で言えば、

👉口内炎ができやすい

👉むし歯や歯周病になりやすい

👉ネバつきや口臭
など

口呼吸による弊害は、特にお子さんには顕著に出やすいので、

唇がかさついているな、、、
口呼吸しているかも、、、

なんて思ったら、まずはお口を閉じて鼻呼吸に促していく

『あいうべ体操』

で改善を目指しましょう♪
小さなお子様から大人まで、誰でもいつでもできる体操です♪
やって損はないので、今日からやってみてくださいね👍
私は車の中や湯船に浸かっている時に、よくやっています😚

ちなみに、口呼吸が習慣になると噛む力も弱くなってしまいます。
お子さんが離乳食時期からしっかり噛んで食べられるようになるには、
普段から口を閉じていることが大切です。

小さなうちから

口は閉じて鼻で呼吸 ♪

を身に付けていってほしいです。

ホワイト歯科クリニックの待合室掲示板には、あいうべ体操のポスターが貼ってありますのでチェックしてみてくださいね👀

また、「あいうべ体操ミニカード」もお配りしていますので、ご希望の方はスタッフにお声掛けください♪

乾燥時期だからこそ、なおさら鼻呼吸の大切さを伝えたい!
実はあいうべ体操😛を伝える息育指導士でもある、あんちゃんでした🤗

😆あー😁いー😗うー😛べー

カテゴリー: ホワイト歯科&ママ・キッズカフェ ハッピースマイル日記 | コメントする

妊婦歯科検診②

前回は「骨盤の整え」についてお伝えしました。
本日は「骨盤を整える」と「お子さんのむし歯予防」の関係についてお伝えします。

お母さんの狭い子宮の中で育まれた赤ちゃん自身の骨の歪みも見られるということです。歯科に関係が深い骨は「顎の骨」です。
顎の骨も歪んでしまうということです。
顎の骨が歪むと顎が狭くなってしまい歯並びに影響します。

現代、お子さんのお口ポカンが問題になっていますが、お母さんの狭い子宮の中で
すでにお口ポカンの赤ちゃんもいるということでした。
このお口ポカンも歯並びに影響してしまいます。

以前 勉強した時に抱っこの姿勢と歯並びの関係が深いことを学びましたが
生まれてからの抱っこの影響どころか、生まれる前からお口ポカン!
この事はミッキーもショックでした。

良い歯並びは審美的なことだけでなく、「噛む」ことに影響してしまいます。
よく噛めるお口は唾液が多く出て、自浄作用という唾液により細菌を流すという
人間のメカニズムを最大限に使うことができます。
唾液により細菌が洗い流されればむし歯菌も少なくなります。

また前回赤ちゃんはお腹の中で「一通りの体の発達の動きを予習する」ということをお伝えしましたが、これもむし歯予防に影響します。
具体的には離乳食に影響してしまうのです。
離乳食がむし歯予防?とクエッションマークがいっぱいかもしれませんね。
詳しくはまたの機会にお話ししたいと思いますが、「噛む」基礎となるところがこの離乳食時期です。
噛むことにより自浄作用が促されるので離乳食時期に「噛む」を育むことは大事なのです。

 

生まれる前からむし歯予防が始まっています。

ホワイト歯科クリニックでは妊婦歯科健診を通じ生まれる前からできる予防歯科の情報をお伝えしていきます。
4月より妊婦歯科健診を通じさらに良質な情報提供をするために現在新しいメニューを準備中です。
新しいメニューに関してはまた改めてお伝えしていきます。

まずはさいたま市の妊婦歯科健診をぜひご活用ください。

妊婦歯科検診のポスター

カテゴリー: ホワイト歯科&ママ・キッズカフェ ハッピースマイル日記 | コメントする

妊婦歯科検診①

さいたま市の健診で新しく妊婦歯科健診がスタートしました。
歯科衛生士 ミッキーとしては「待ってました!!」といった感じです。

意外に知られていないことですが、お子さんのむし歯予防は生まれる前から始まっています。

ホワイト歯科クリニックではプレママのお口のケアだけでなく、生まれる前からできる
むし歯予防の情報や噛む子を育む情報をもっと、もっとプレママにお伝えしたく
今までもコミュニティセンターなどでイベントを開催しお伝えしてきました。

生まれる前からできるむし歯予防はたくさんありますが先日勉強したことを
本日は1つ紹介します。

「妊婦さんの骨盤を整える」ということです。
本来、お母さんの子宮は丸いです。赤ちゃんはお母さんの丸い子宮の中でまーるくなっています。
実は現代 お母さんの子宮が細長くなってしまっているということです。

この細長い子宮の中で赤ちゃんは窮屈で、子宮の中で動けない赤ちゃんが
この子宮の形の変化として生活習慣が関係していますが、どんな生活習慣かわかりますか?

答えは「スマホ」です。
スマホを使っている姿を思い出してください。
姿勢よくスマホを使っている方見たことありますか?
なかなかいないですよね。

スマホによる体の不調

スマホだけでなく、現代人の筋力の低下など姿勢の悪さが骨盤の歪みにつながり
子宮が細長くなっているということです。

これも先日学んだことですが、赤ちゃんはお母さんのお腹の中でズリバイ ハイハイ 指しゃぶりなど一通りの体の発達の動きを予習するそうです。
しかし細長い子宮の中では赤ちゃんは体を動かすことができず、子宮の中で一通りの体の発達の動きができない赤ちゃんが多いそうです。

ですから「妊婦さんの骨盤を整える」ということが赤ちゃんをお腹の中で育むためには
大事なことだということです。
もっと言うなら妊娠する前から骨盤・姿勢の整えは未来ある子供たちのためには
大事なことですね。

ミッキーも定期的に体の歪みを整える施術を5年ほど前より受けていますが、施術を受ける以前に比べ体の調子もよく絶好調です。
次回は「骨盤を整える」と「お子さんのむし歯予防」の関係をお伝えします。

カテゴリー: ホワイト歯科&ママ・キッズカフェ ハッピースマイル日記 | コメントする

身だしなみ

歯科衛生士 ミッキーです。

中学生を持つ 保護者よりよく言われることですが
「うちの子 歯も磨かず 顔も洗わずに学校に行くんですよ
ミッキー先生から歯磨きするように言ってください」

ふむふむ 中学生くらいの男の子は他にもっと興味があるんだよね。

大丈夫ですよ。
お年頃になれば顔も洗うし、歯も磨きます。
その上 髪の毛も整えます。

異性を意識するお年頃になれば男の子はみ~んな身だしなみを
整えだします。
異性を意識する年齢は人それぞれです。
もちろん中学生の子もいますよ。

先日来院した大学生の男の子T君の話です。
あれ すっきりして大人っぽっくなっています。

ミッキー
「なんか 大人っぽくなったね。痩せたのかな?」

T君
「いいえ 眉毛整えたからかな? 美容院に行って眉毛整えてもらってから自分でも整えるようになったんです。」

ミッキー
「すてきだよ。かっこいいよ」

眉毛まで気にしている子の口が汚いわけもなく・・・
もちろんお口の中はプラークコントロールできていましたよ。

子供の頃から定期的にお口のケアに通っている子は
大学生になっても 社会人になってもお口にケアに来院してくれます。

お口のケアも身だしなみなみの1つとして生活の中に入っているのです。

綺麗な歯の男の子

カテゴリー: ホワイト歯科&ママ・キッズカフェ ハッピースマイル日記 | コメントする

バイバイ、バイ菌!

こんにちは。
あんちゃんこと歯科衛生士の安齋です👩

11月8日は『いいは🦷✨』の日でした。
お口の健康にまつわる記念日や月間は、1年を通して時々ありますね。

そんな中、私達のマスク生活が長くなり、それに加えて乾燥シーズンで到来!
老若男女問わず、更にお口の中はバイ菌が増えやすくなっています👄

☑ 口が乾く

☑ ネバつく

☑ 口が臭うかも、、、

☑ 口がスッキリしない

歯磨き後に除菌水うがいを始めてみませんか?

 

当院では、

新世代型除菌水生成装置
「エピオス プラズマポイックウォーター」で
「ポイックウォーター(POIC除菌水)」を作って使用しています。

お口の中のタンパク汚れを除去しながら細菌を除菌することができる優れもの☆
皆さんに診療前にぶくぶく&ガラガラしてもらってるのも、この除菌水です🚰

ガラガラうがいで喉の奥に潜むイガイガ菌にも
アタックするので、感染症予防にもお薦めです👍

安全で新鮮なポイックウォーターをおうちケア用にも取り扱ってますので、お声掛けください♪
(お子さんにも使えます)

ポイックウォーター

ぶくぶくした時にプール臭がする時は、
お口の中が汚れている証拠♪
私は「分解されてる〜!!😆」と実感しながら
毎日使っています💫
歯磨きの時に使うと、歯垢除去率アップなんですよ。
バイ菌、バイバーイ♪

さて、今年も後2ヶ月。
このブログを読んでいただいたのをきっかけに、
年末年始に向けてお口環境をリフレッシュして
元気に過ごしましょう✨😆

ばい菌を倒す女の子

 

カテゴリー: ホワイト歯科&ママ・キッズカフェ ハッピースマイル日記 | コメントする

ヤクルトスワローズ優勝

当医院の院長は大のヤクルトスワローズファンです。
小学校の頃からので半世紀以上のファン歴です。

セリーグ優勝 クライマックスシリーズ優勝と院長は大喜びです。

クライマックスシリーズもチケットをゲットして観戦したとのことです。
今度は日本シリーズのチケットを購入すると張り切っています。

ヤクルトスワローズの観戦をする院長

先日ヤクルトスワローズファンの患者さんが来院した時には
二人で話が盛りあがり
「今日は歯の話はしませんでしたが、これで終わりです」
という院長の言葉に患者さんとミッキーと大笑いでした。

 

院長は一人 ひとり患者さんの趣味や仕事 出身地など
データが頭に入っているようでいつも楽しそうに患者さんと話しています。

人は他者と共通のことがあると親近感を感じます。
この心理を院長が知ってか 知らずか 自分と結び付け
よく話をしています。

ホワイト歯科クリニックはいつも楽しい笑い声でいっぱいです。

ヤクルトスワローズの試合

カテゴリー: ホワイト歯科&ママ・キッズカフェ ハッピースマイル日記 | コメントする

赤ちゃんは口で学ぶ

こんにちは。
あんちゃんこと歯科衛生士の安齋です👩

先日、出先で見かけたベビーカーの赤ちゃんがおもちゃを夢中で舐めくりまわしていました。

皆さんなら、
①そままやらせる
②やめさせる
どちらを選びますか?

なんでも入れちゃう時期だからと懸念する方もいるかもしれません。
けれど、①そのままやらせる をしてみてください。
赤ちゃんはやみくもに舐めたり噛んだりしてるのではなく、実はお口でそれが何か確認しているんです。

自分の口の感覚や機能を養っていくのと同時に、自分の手で掴んで口に運ぶ練習をしているんです。
これを、手と口の協調運動いい、これから生きていくうえでも大事な能力の始まりになります(o^―^o)

赤ちゃんの食において、手づかみ食べに繋がっていく欠かせない日常の経験です。

コロナ禍だと余計にバッチイからと、舐めてるおもちゃをとりあげてしまったり、指しゃぶりの癖になるからと、やめさせることもあるかもしれません。

でもそんな行動がみられる時は、赤ちゃんの学習タイムです。

是非是非、存分にさせてあげて下さい☆
手づかみ食べが上手になり、自分で食べる力がついていきます😁

おしゃぶりする赤ちゃん

余談ですが、
そんな時期の長男は、イヤフォンのシリコンカバーを飲み込んでしまって(見てませんでしたが)、かなり焦って、夜間相談に電話しました。
淡々とした電話の向こう側の人のお話で、一晩待ってウンチ確認することに。
そして翌朝、無事排出。

長女は、床で静かにお口でモゴモゴしてると思って急いで取り出したら、てんとう虫。。。すでにバラバラ。。。

といったように、乳児期は何でもお口に入れちゃう時期なので、誤飲・誤嚥にも気を付けなければいけません。
お口の中に簡単に丸ごと入ってしまうサイズのものを周りに置かないように気を付ける必要があります。

長男はウンチで出てきてくれましたが、窒息の可能性もあったわけなので、ヒヤっとしたのを思い出しました。

だからといって、お口の感覚体験をさせないでいると、逆にそれが乳幼児の食事での誤嚥事故に繋がってしまう可能性を高くしてしまうことにもなってきます。

毎日の赤ちゃんの生活の中で、適したものを舐めたりしゃぶったりできる安心安全な場面をたくさん作って、経験を積ませてあげることは親の責務ともいえますね👍

感覚体験をつんで、じょうずに食べる子(噛む子)を目指していきましょう♪

 

===================

公式LINE・ホワイト歯科クリニックの友だち追加URLはこちら

https://liff.line.me/1645278921-kWRPP32q/?accountId=640bpfhn

===================

===================

ホワイト歯科クリニックでは【はじめての離乳食アドバイス会】
※無料予約制 を開催しています。
離乳食をはじめようかな、はじめたけど不安だなと思ったら参加してみてくださいね。
各回1組となります。

⇩予約はこちらから⇩
https://reserva.be/uchikawaseisaku

 

カテゴリー: ホワイト歯科&ママ・キッズカフェ ハッピースマイル日記 | コメントする

クルクル歯ブラシ

歯科衛生士 ミッキーです。
ホワイト歯科クリニックでは多くの小児患者さんがむし歯予防のために
定期的に通っています。

ホワイト歯科クリニックが小児患者さんの対応において意識していることは
「楽しい」ということです。

例えば大人は「クリーニング」と言えばイメージできますが、子どもは
イメージできません。
ちなみに専門用語では「研磨」と言います。

クリーニングを子どもがイメージできるネーミングに替えホワイト歯科クリニックでは「クルクル歯ブラシ」と呼んでいます。

研磨ブラシ

ハブラシは日常で使っているので子どもは歯がきれいになる道具と理解できます。
機械がクルクル回るので「クルクル歯ブラシ」です。

 

そして未就学児な「クルクル クルクル♪」「こちょこちょ」など声に出しながら機械を回します。

「こちょこちょ」と言うと歯がくすぐったいことは絶対ないのに
「こちょこちょ」=「くすぐったい」と脳が動き笑い出す子もいます。

また研磨に使うペーストもいちご味 りんご味 ぶどう味 好きな味をセレクトしてもらいます。
今日は何の味にしようかな?と選ぶ楽しさがあります。

一番大事な「楽しい」は・・・
最後にみんなで「褒める」ということです。

歯医者さんできてすごいね
大きな口があげてすごいよ
すごい!歯がピカピカになったよ。ママに見せて自慢しようね
などかなり大袈裟に褒めまくります。

子どもは褒められるのが大好きです。
歯医者さんは褒められ楽しいところとなります。

子どもがイメージできる言葉のセレクはすごく大事です。
ホワイト歯科クリニックはいつも子どもの笑い声がいっぱいです。

カテゴリー: ホワイト歯科&ママ・キッズカフェ ハッピースマイル日記 | コメントする

マイ辞書 マイ取説

歯科衛生士のミッキーです。
ミッキーは乳幼児の自費予防メニューを行うことが多いです。
赤ちゃんからずっと3ケ月に一度会っている子どもたちが多いのですが
子どもたちは3ケ月で心体が成長します。

小学校高学年になると言葉遣い 言葉の選び方がかなり大人っぽくなります。

Aちゃんは自分で物語を作り来院時、ミッキーに聞かせてくれる女の子です。
もともと文学的な表現をするAちゃんです。

そのAちゃんがこんなことを話してくれました。

Aちゃん
「私ね、私のマイ辞書とマイ取説があるんだけど、それが結構面倒なんだよね」

ミッキー
「マイ辞書? マイ取説?なあに?」

Aちゃん
「私自身のことが書いてある辞書で、その私のことをどう扱うかというのがマイ取説なんだよね」

ミッキー
「マイ辞書になんて書いてあるの?」

Aちゃん
「例えばだけどマイ辞書には寂しがり屋って書いてあり、マイ取説にはやさしい言葉をかけるって書いてあるんだよ」

Aちゃんは友だちがなかなかできないタイプです。
以前、学校に心からの友達がいない話をしてくれました。

「マイ辞書・マイ取説」なかなかおもしろい書籍になりそうな言葉ですが
自分をもっと理解してほしいという気持ちが伝わってきました。

保護者の皆さんは体の成長は気づきやすいですが、心の成長にはなかなか気づかないようです。
時間が限られている診療時間ですが、子どもたちの心も受け止め「聞く」でなく「聴く」を意識して口を通じ子どもたちとこれからも向き合いたいです。

親子のイラスト

カテゴリー: ホワイト歯科&ママ・キッズカフェ ハッピースマイル日記 | コメントする

口閉じテープ

浪人生のY君が来院しました。
Y君のお母さんからY君が悩んでいることをお聞きし、何かミッキーが力になれることはないかと思っていました。

「眠れない」ということを前回 聞いていたのでそのあたりから聞いてみました。

ミッキー
「どう 最近眠れている?」

Y君
「う~ まあまあかな?」

口の中を診ると前歯の歯ぐきが赤く炎症を起こしていました。
口を閉じる力も弱くなっています。
ミッキーは寝ている時に口を開いている可能性があると判断しました。

眠っているときに口を開いていると舌がのどの奥に落ち込んで、気道がせまくなり呼吸がしづらくなります。
口呼吸をまねく要因として挙げられるのは「精神的なストレス」です。
ストレスが多いと、脳に酸素をたくさん供給しようとして口を開けて呼吸しがちになりますのでY君はそれも原因の一つかもしれません。

そこで口閉じテープをやってもらうことにしました。
口閉じテープは簡単です。
テープを5㎝ほどカットして、鼻のちょっと下から顎に向けてテープをはるだけです。

ミッキーも3ケ月口閉じテープ続けていますが、いびきもなくなり朝起きた時に快調です。

ここは歯科医院なのでY君の受験の力になれることは限られていますが
Y君を応援していきたいです。
そんな気持ちを込めて口閉じテープを1つプレゼントさせていただきました。

歯科衛生士 ミッキーでした。

口閉じテープ

カテゴリー: ホワイト歯科&ママ・キッズカフェ ハッピースマイル日記 | コメントする