「大きくなったら何になりたい?」

こんにちは!
歯科衛生士ミッキーです(^^)

ミッキーは診療室でよく
「大きくなったら何になりたい?」
って聞きます。

お医者さん 小説家 バスケの選手 ケーキ屋さん 声優 警察官など様々です。
今どきの職業ではユウチューバーもあります。
時々「わかんない」
と答える子がいてそんな時はガッカリ

小学生ではその職業に就ける 就けないよりも
未来の社会の一員である自分を
想像できるかどうかだと思います。

周りの大人は給与が安定しているとか、していない事よりも
その子が想像した未来を思いっきり応援する事だとミッキーは
思うのです。

だからミッキーは
「いいじゃん♪素敵💕」と言って応援します。

時には
「サインちょうだいね。」
と言うと
照れくさそうに
「いいよ」と答えてくれます。

そして
「ミッキーは〇〇君が記者にインタビューされている
時にピカピカ 白い歯でインタビュー受けてほしいんだ」
と付け加えるのです。

中学生になると等身大の自分を理解できるから
なりたい職業も変わってきます。
理解できるからこその苦しさも話してくれます。

高学年になったら
「○○君はもう大きいのだから、自分の口は自分で守っていかないと
ダメだよ。 だらだら喰いが一番虫歯の原因になるのだから、何をどう
食べるのかも自分だよ」
と伝えます。
この言葉の裏側に、自分の人生は自分で決めるんだよ …という
メッセージを込めています。

ホワイト歯科クリニックに通う子どもたちにとって
親戚のおばちゃんのような存在でありたいです。

カテゴリー: ホワイト歯科&ママ・キッズカフェ ハッピースマイル日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です