【はい! 次へ】

こんにちは!
歯科衛生士ミッキーです。

新型コロナ騒ぎも1年です。
そんな中 今 元気で仕事ができている事に感謝です。

そして そして こんな時でも笑顔いっぱいで働いてくれて
いるスタッフ、通ってくださる患者さん
心から「ありがとうございます」を伝えたいです。

15年前 ミッキーは乳幼児期のむし歯予防の新しいアプローチと
して、食育発信基地 ママ・キッズカフェをオープンしました。
営業形態は乳幼児の親子が来店できる飲食店です。

乳幼児はソーシャルディスタンスは難しいです。
マスクも無理!!
乳幼児でも感染する可能性がある!!

新型コロナが終息するまで営業はできないな…
という判断を経営者としてしました。

これは長期戦になるな
1年くらい開けられないかかな?
と思っていましたが予想よりさらに長期戦!!

新型コロナは次から次へと経営者としての判断が求められます。
判断によっては厳しい状況になります。

ミツキーはママ・キッズカフェの役割を真剣に考えました。
出た答えは
「飲食店という形でなく、違う方法でも役割は果たすことができる!!」
ここで飲食店という方法にこだわって立ち止まっているよりも
違う方法で役割を果たし、前に進むという答えでした。

誰もやった事のない食育カフェにチャレンジし、山あり谷あり
でしたが、来店してくれた1500人以上のちびっ子先生に
感謝の気持ちでいっぱいです。

春から
はい!次へ
のステージに出発です。

ママ・キッズカフェの役割は
ホワイト歯科クリニック
hahahaサロン Nico
食育実践予防歯科®︎研究所 食育の森
が引き継ぎ新しいチャレンジの始まりです。

新型コロナ渦中でもできる事はあります。
方法は100万通りあります。

1年後 あっと驚くような展開になっている予感♪

今後も地域に貢献できる医院として役割を
果たしていきます!!

 

カテゴリー: ホワイト歯科&ママ・キッズカフェ ハッピースマイル日記 パーマリンク

【はい! 次へ】 への1件のフィードバック

  1. あきこママ のコメント:

    上の子が離乳食の時から何度か利用させていただきました。初めての赤ちゃんで、離乳食にま四苦八苦。そんなときに、ここではたくさん褒めていただいて、応援してくださって、すごく救われた気持ちでした。また子供にご飯を食べさせることに一生懸命で、自分のご飯は疲れて抜いてしまうこともしばしばある状況だったので、子供のご飯を作らなくていい、自分も美味しいご飯が食べられる!素晴らしいコンセプトだったと思います。飲食店形式は一旦やめられるそうですが、コロナが過ぎ去りましたら、ぜひもう一度再開してもらいたいです。私のようにここでご飯を食べられることが、心の癒しになるお母さんはたくさんいらっしゃると思います。新しい発展を期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です