子どもの歯ブラシ選び③

歯科衛生士 ミッキーです。
本日はステップ2 1~2歳の歯ブラシについてお伝えします。

1~2歳児の保護者に
「お子さん自身に歯磨きをさせていますか?」
という質問をするとたいてい
「自分では歯磨きさせていません」
という答えがかえってきます。

確かに!
保護者の気持ちわかります。
1~2歳児が自分で磨けるのか?
答えは
「磨けません」

歯磨きとは歯ブラシの毛先が歯の面とこすり合いばい菌を
こすり落とすという技が必要なので当然1~2歳児はできません。
その上 1~2歳児はガジガジ歯ブラシを噛んでしまうのですぐに毛先が開きます。
歯医者さんで
「毛先が開いた歯ブラシは交換しましょうね」
なんて指導を受けていたら歯ブラシ2~3日で交換しないいといけない問題がでてきて
保護者としては経済的にたまったもんじゃありません。

「どうせ磨けないんだから自分で歯磨きさせなくていいじゃん」
という思考になるのは当然です。
わかる~

この時期は歯ブラシをガジガジすることが大事です。
つまり「歯ブラシをガジガジ・ペロペロする時期」という捉え方でいてください。

パパやママ お兄ちゃん お姉ちゃんがブラッシングしている横でみんなの真似して
歯ブラシガジガジ♪

「気持ちいいね~」
「上手だね~」
この時の大人の声かけが何よりも大事です。

「なんかわからないけどみんなおもちゃみたいなもの口に入れて楽しいそう♪」
ということを刷り込んでいってください。

この時期の歯ブラシ選びのポイントは
喉突き防止タイプの持っていて危なくない形態であること!
ハブラシの毛はやわらかめがよい!

ホワイト歯科クリニックがこの時期おすすめする歯ブラシは
まだまだ発達していないこの時期でも握りやすい持ち手が丸い写真のような
動物の顔のイラストがかわいい歯ブラシです。

お値段もリーズナブルでママさんたちに大好評です。

次回は歯科衛生士 あんちゃんが「2歳児がまったく仕上げ磨きを嫌がらない理由」をお伝えします。

カテゴリー: ホワイト歯科&ママ・キッズカフェ ハッピースマイル日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です