子どもの歯ブラシ選び⑤

歯科衛生士 ミッキーです。
本日はステップ3 2~3歳の歯ブラシについてお伝えします。

2~3歳児はじっとしていられません。
静かな時は「いたずら」しているのではないかと思ってしまうくらい
いつも動きまわっています。
そんな月齢ですから歯ブラシを持って走りまわることもあります。

「動きまわるから子どもに歯ブラシを持たせていない」なんて保護者の声も
聞きます。
しかし歯磨きの習慣として自分磨きが終わっと後に仕上げ磨きという
流れを作っていただきたいので、この時期もお子さんに歯ブラシを持たせて
いただきたいです。

ホワイト歯科クリニックがおすすめしているのは「キッズグニ―」という
喉突き防止がついている歯ブラシです。

この歯ブラシはヘッドの部分がやわらかいラバーになっているので
万一、転倒した時もヘッドが曲がるので歯ブラシが喉をつくことが
ありません。
この時期は安全面を考慮した歯ブラシが良いです。

安全な歯ブラシだからといって、歯ブラシを持ち走り回っているのを野放しに
して良いわけではありません。
「歯ブラシを持って走りまわってはだめだよ。怪我をしたらママは悲しいな」
という声かけをしましょう。

2歳児は私たちが思っている以上に言葉を理解しています。
「どうせ伝えてもわからない」というのではなく、もっと保護者の気持ちを
伝えてもよいのではないかと日ごろより思っています。

3歳になれば心の発達も次のステップにいくので2歳児とは違い
自分の心もコントロールできるようになっていきます。

カテゴリー: ホワイト歯科&ママ・キッズカフェ ハッピースマイル日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です