たかがおもちゃ、されどおもちゃ!

こんにちは。
あんちゃんこと歯科衛生士の安齋です😀

私は普段、ママ達に手しゃぶりやおもちゃ舐めのお話をしています。
歯医者でなんでその話?と思うかもしれません。
みなさんは赤ちゃんの指しゃぶりやおもちゃ舐めってどんな印象ですか?

ちなみに、私は赤ちゃんが舐めることに抵抗はなかったのですが、私の母は指舐めをすることに

「指しゃぶりの癖がつくから」

といってよく口から外してました。
多分、世代的にそんなイメージの人は多いのかなと感じます。

さて、じゃあなぜ、私は抵抗なかったかというと、指舐めと指しゃぶりはいわゆる「クセづけ」とちょっと違うからです。

月齢にもよりますが、赤ちゃんにとっての目的が違うんです。

赤ちゃんの指舐め、おもちゃ舐めは
自分の手の存在を確認して、物の硬さや大きさなどを学習しているんです。

この経験が、手づかみ離乳食に反映してきます🍙
ぜひぜひ赤ちゃん時期は、特に離乳食が始まる前までの期間は、
たくさん手でも足でもおもちゃでも存分に舐めたりさせてあげてください✩

赤ちゃんのおもちゃも色んなものあります。
舐める、くわえる、かじる、さわる色んな経験をすることができます。

赤ちゃんは口で考えて口で学ぶ

といっても過言ではありません♪
遊びを通して、赤ちゃんが

「それをどうやろうとしているか?」

というところにおもちゃの意味があるんです。
そういった経験が口の発達にも繋がり、食べるにも繋がり、体の健康にも繋がっていくものなんです。

これからクリスマスプレゼントを考え始める時期にもなってきました☆
おもちゃってそう考えると深〜いんです!

赤ちゃんへの心も体も満たす素敵なプレゼントをパパ&ママサンタさんは探してみてくださいね(^^)

カテゴリー: ホワイト歯科&ママ・キッズカフェ ハッピースマイル日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です